Home > スポンサー広告 > 山の夜の星空>プラネタリウム。/8月9日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kanatabi.blog106.fc2.com/tb.php/94-887d1a5a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ~地球のイイとこ撮り~

Home > スポンサー広告 > 山の夜の星空>プラネタリウム。/8月9日

Home > AUSTRIA > 山の夜の星空>プラネタリウム。/8月9日

山の夜の星空>プラネタリウム。/8月9日

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-11 Wed 02:27:13
  • AUSTRIA
二晩お世話になった例の写真のお宿をチェックアウトして、すぐそばの宿に移動。
これで、30ユーロ→16ユーロへ下がります!



トイレとシャワーが共同になって、部屋も3人部屋になるんだけど、
14ユーロの差は大きいもんね。

で、今日は、
Breslauer Huetteというところを目指して山登り。
トータルだいたい3時間で到着予定なんだけど、
ふもとからのリフトを使うと1時間短縮できるんです。

が、片道8ユーロ(往復11ユーロ)。
いやいや俄然、歩きます。

8ユーロあったらごはん食べたい。



昨日の今日の本気ハイキングで、ちょっと思うように足が進まなかったけど、
何とか上まで到着。
IMG_7960.jpg
(5歳くらいの男の子を連れた家族連れとほとんど同じくらいのペースでした。)
IMG_8040.jpg
(この子。めげそうになっていたところで、お父さんが摘んだお花を帽子にくくってくれてご機嫌になります。
お父さんはちびちゃんもおんぶしています。ステキなシーン。)

Breslauer Huetteからなら氷河まですっごく近くてとっても簡単なコースよ♪

って、村のインフォのおばちゃんに教えてもらったので行ってみようと思います。
山小屋のお兄さんにも道を確認して、早速歩き出します。

うーん。
IMG_8045.jpg
どうだろう。(左側に少し見づらいけど、登山道が写ってます。細い幅の砂道。)
IMG_8047.jpg
これって簡単なのかしら。(大きな岩の間をぬって歩きます。)
IMG_8054.jpg
うーん。絶対違う気がするー!

だけど70代近くに見えそうな人とも一度すれ違ったし、
小学生くらいの子を連れた家族連れにも一度会ったし、
おじちゃんおばちゃんもいっぱい。

うーん。
会う人に何人か聞いてみます。
「簡単ではないかもしれないけど私が行けたんだから行けるわよ」
「無理そうだったらあっちに見えるあのあたりで登るのをやめてむこうに行けば村まで戻る道につながるから大丈夫だよ」
と、みんな優しく教えてくれるので、
ていうかもうけっこう下ったり登ったりしてしまったので、
戻るのも大変だから、じゃあ進もう。


ふもとの方で朝会ったドイツ人のお母さんと息子(20代真ん中くらい?)とすれ違います。
もう一回聞いてみると、
息子「どうしても無理だったら、ケーブルがあるからそれで帰れば大丈夫!!うふふ!」
母「それは非常時のレスキュー用だから、基本は歩くしかないけどね笑。でもきっと大丈夫。」
非常時用のケーブル…。
うーん、使いたくないです。

けど、結局途中まで行って、あまりに道が細くてドキドキで(両端がちょいがけみたいになってて恐ろしい)
もうちょっとってとこでUターン。
IMG_8060.jpg
(小さすぎて見えませんが、こんな谷にある湖?で日光浴をする男性陣がいました。あっぱれだなー。)
IMG_8062.jpg
(風に吹かれてどきどきしながら写真を撮ってもらう。)
IMG_8064.jpg
(こういうときに広角レンズが欲しい!とか思うんですね。)
IMG_8070.jpg
IMG_8078.jpg
(幅、せまい!)

雪が残っていたのでがけにちび雪だるまを作って置いてきました。
ちょこちょこっと歩いて振り返ると、
もうすでに雪だるまがすっごくすっごく遠くに見えて、


なるほど。
出会いと別れとか、始まりと終わりとか、表と裏とか、
本当にそういう真反対のことは背中合わせになっているんだな。

けっこう夕方でもまだ登ってくる若者もいて、
一度すれ違った青年は、
さくさく登ってきて、山が見渡せるあたりにたどり着いたときに、
一人でめっちゃにっこりして山を見てました。

わかるよーその気持ち!
感激するよねー!
IMG_8091.jpg
(山を見てにっこりした青年、またさくさく登っていきます。私はさくさく下ります。)

て調子に乗って山ではけっこう歌を歌ったり一人やっほーしたりして歩いてるんだけど、
時々向かいから人が突然現れてちょっと小恥ずかしいです。

帰りも、リフトちょっと乗りたいなーとか思ったんだけど、
8ユーロ…。

リフトで足腰をいたわる<<ピッツァ!シュニッツェル!ごはん!!
になってしまって、
結局帰りも気合で歩き倒しました。いぇい♪

夜ご飯を食べようと村を歩いてたら、
さっきのドイツ人親子にまた会いました。
お母さんと息子さんで二人で旅行するなんて仲良しなんだな~。
そして、二人とも感じがいい。
ていうか、山を歩いてる人はフレンドリーな人が多くて、
一人で歩いてても、けっこういろんな人と話す機会があって楽しい♪
みなさんのおかげで私楽しく山登りできてます。ありがとう♪


夜、21時頃にはベッドに入って足腰をマッサージ。
で、ぐうぐう眠ったあと、夜中の3時!
いぇーい。この時間に起きたいなーと思ってたのです。

星空が見たかったの。
三日間の中でダントツこの日がすっきり晴れてたから。
絶対見れるなと思って。

めっちゃ寒いけど、バルコニーがある廊下へ出ます。

ばっちり!!!!!

すっごい星空。
星が降ってきそう、てこれだ。

バルコニーからだとちょっとだけ村の街灯とかがあったので、
部屋へ行って電気を消して、真っ暗な部屋から窓の外を眺めます。

泣いちゃいそうなくらいきれい。
感激しすぎて本当に泣きそうでした。



*********************************************************************************

大学1年生のとき、

山岳部に入ってみたかった私。別のキャンパスまで通うのがちょっと大変そう、とか思ってやめたけど、
今結局、山を登る楽しさをちょっとだけ知って、もっともっといろんなところへ行きたい。

写真部にも入ってみたかった私。全然何もわかっていないけど、結局就職して4年目に写真教室に入って、
楽しくて仕方なかった。帰ったらまた教室を続けていろいろ知りたい。
(ありがとうU!!大切にしてます。)

ピースポートで世界一周とかすごいなー!って思ってちょっとだけ憧れてた私。
でもあれだと限られたところにしか行けないよなーなんて思ってたら、結局今、1年と期限付きだけど世界を
好きなように旅している。旅をすればするほど世界にはいろんなところがあるとわかって、もっともっと行きたくなる。


とにかく私の場合、
やりたいと思ったことをやって後悔することって多分あんまりないんだと思う。
時間が経ってもそれがやっぱりやりたいんだな。
お父さんお母さん、心配かけてごめんね。無事に帰りますから!(努力します)


誰にでも時間だけは平等で。
幸せなことに、仕事だって友人だって恋人だって住む場所だって、全て自分で決めていい環境に生まれて。

だからちゃんと自分の決断に責任持って、やっていかなくちゃいけないな。

*******************************************************************************************
早まってジュネーブからのフライトを13日に予約してしまったので、
どうしてもそれまでスイス周辺にいなくちゃいけなくて、
それが今はけっこう大変です。

物価の高すぎるスイスにいるのは移動するのも高いし、じっとしてるだけでも宿が高くて、
早めに予約すると飛行機は安いけど、予定をしっかり立ててないと日程の設定が難しいね。

オーストリア・イタリアと物価が全然違います。
どうかシャンプーがスイスにいる間はもちますように!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kanatabi.blog106.fc2.com/tb.php/94-887d1a5a
Listed below are links to weblogs that reference
山の夜の星空>プラネタリウム。/8月9日 from ~地球のイイとこ撮り~

Home > AUSTRIA > 山の夜の星空>プラネタリウム。/8月9日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。