Home > スポンサー広告 > だんだん、そしてどんどん好きになる、エチオピア。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

maririnko URL 2010-11-05 Fri 23:11:07

旅がアフリカ大陸に入って読んでる方も俄然おもしろくなってきました。
Ethiopia興味深いよ!

「ハッ」超聞きたい!
発音に裏声が混ざるって言われてもわけわかんないし。どういうことよ。
画像もこれぞ異国的~になってきた。
おもしろいからしばらくエチオピアにいてブログ書いてください。

あともひとつリクエストなんだけど南京虫ってどんなの?見てみたいからぜひ激写してupしてください!

(そういえばフィンランド人もよく息吸いながらしゃべるよね。いた時に気付いた?)

bord de mer URL 2010-11-08 Mon 16:20:33

maririnkoちゃん:はろはろー!!コメントどうもありがとう。元気そうだね♪良かった!
エチオピアでの驚異のネット環境の悪さと、私のパソコンもかなり不調で全然思うように更新ができなかったよー。
エチオピア、やばいよ。まさかまた行きたいと思うなんて思わなかったけど、今ではかなり好きな国。
「ハッ。」
これね、電話でもやってるんだよ彼ら。電話しながらひきつけ起こしたみたいに息を吸って相槌打ってるの見るとついつい笑ってしまう。超かわいい。

南京虫は残念ながら?さいわいなことに、私たちは一度も被害に遭わずにエチオピアを出国できました!だからどんな姿してるか直接は見てないんだけど、ネットでも写真出てくると思う~♪

エチオピアの人は、まあどこの国でもそりゃそうだけど、嫌なやつもいました。けど9割くらいは優しくていい人だったかもしれないな。
またブログ読んでね!

(フィンランドでは何も気がつかなかった!けど彼らずいぶん静かにしゃべるよね?楽しそうにしゃべってても静かだったりして、不思議だった~)

ミキティ☆ URL 2010-11-08 Mon 21:46:05

初めまして。時々お邪魔させていただいています~!
何度かコメント未遂で終わっていますが、共感すること多く楽しませてもらっています。
写真とても素敵ですね~☆
私も今アフリカ大陸です。エチオピア興味津々です!

bord de mer URL 2010-11-16 Tue 02:44:30

ミキティさん:こんにちは!初めまして。お返事が遅くなってしまってごめんなさい。時々のぞいてくださっていたんですね。嬉しいです!どんどんコメントください♪私もミキティさんのページに遊びにいってみますね。
今はどちらにいるのかな?エチオピア、ちょっと移動は大変かもしれないけど、行く価値大だと思います。ぜひ行ってみてください!

今後も安全には気をつけて旅を続けてくださいね♪

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kanatabi.blog106.fc2.com/tb.php/158-fcbea16b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ~地球のイイとこ撮り~

Home > スポンサー広告 > だんだん、そしてどんどん好きになる、エチオピア。

Home > ETHIOPIA > だんだん、そしてどんどん好きになる、エチオピア。

だんだん、そしてどんどん好きになる、エチオピア。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-05 Fri 00:36:53
  • ETHIOPIA
PA282801.jpg

首都アディスアベバでとりあえず二泊して体調を整えたあと、私たちが訪れた町、ゴンダール。
この町はかつてマラリアが流行してしまったとき、標高が2,000m以上あるという理由で当時の首都から遷都された町だそうです。
今ではアディスが首都だけれど、途中11時間の道のりで見てきた小さな村々と比べるとちょっとした大きな町です。

この町でのメインの観光スポットは、
ゴンダールにあるのでゴンダール城。と、キリスト教徒が国民の半数以上を占めるこのエチオピアで最も傑作だと言われている教会。
この2つです。

ダブラ・ブラハン・セラシエ教会。
エチオピアの中で一番見たかった教会のひとつ。

・・・

でも名前は覚えられません。だって、ダブラもブラハンもセラシエも何がなんだか意味がわからない。
どんな意味なんだろう、誰かご存知ではないですか?
さて、どうしてすごく見たかったかというと、
この教会の天井には80体もの天使の絵が描かれているのです。

PA282868.jpg


キリスト教の教会の天井に天使が80体。
ちょっと天使の数は多いかもしれないけど、でもよくあるよね、天井に天使。キリスト教。

そう思うかしら。
PA282872.jpg

この天使がとってもユニークで(間抜けで)可愛い!!!!
この天使は、それぞれ顔から羽が生えているんです。イイ感じでしょう。

靴を脱いで入らないといけないエチオピアの教会。
ダニがいくら怖くても、ルールに従って、靴を脱ぎます。
薄暗い教会も、明るいうちは太陽の光りが入り口から射していい感じです。
この教会の壁は四方それぞれ壁画がめいっぱい描かれています。

白い布をまとった司祭は意外と英語で色々解説してくれました。
おじいちゃん、どうもありがとう。
PA282875.jpg
PA282879.jpg
PA282885.jpg

そしてここで新しく覚えたエチオピアの習慣。

挨拶です。
エチオピアでは、あいさつをするときに握手をしながらお互いの肩をトンッとあわせます。
これがリズミカルな感じですごおく気に入ったので、
多分初めましての挨拶では肩は合わせなそうだなと思ったのだけれど、
いろんな人にトントンやらせてもらいました。
いいご挨拶~♪

(もっと仲のいい人同士だと、男の人同士でほっぺとほっぺを合わせて挨拶してたりするのも見ます)


エチオピアに来て数日で、
肩を合わせて挨拶しつつ、「ハッ」と息を吸って相槌を打ち始めた私たち。
今後もエチオピアのこと、少しずつわかるかな?
PA282909.jpg


*****************************************************************************************************

PA282894.jpg



そしてかんがえごともしたね。

エチオピア人が教えてくれたけど、エチオピア国民の約85%は小さな村で、山奥で、貧しい原始的な生活を今でも送っているんだそう。
そのほんの一端も見ることはできていないかもしれないけれど、

バスで通り過ぎる村というのは、
ぼろっとした土壁のわらぶき屋根の家だったり、
拾ってきた枝を組み合わせて作った掘っ立て小屋だけで風が吹けばそのまま吹きっさらしになるような家だったり、
そういう家が、延々と続く野原にぽつぽつと建っていたりします。
粗末な建物でも商店が並んでいたり、木を柱にして電線がぶら下がっていたりすれば立派なほうで、
水道もトイレも電気もないだろうなというような村もたくさん通りました。
バスの中から窓の外を見ていると、子どもがそこらへんでしゃがんでトイレをしていたり、
大人も子どもも裸足で山羊や牛を追って歩いていたり、
重たい薪を担いで歩いていたり、
そういう人たちがエチオピアの道路にはいつでもたくさん歩いています。


彼らは、車や自転車なんていう画期的な移動手段ではなく、とにかく歩くのです。
目的地がいくつかの山を越えた先にあったとしても、歩くのです。

ゴンダールに向かうバスの道中、
お昼ごはんで休憩したところはそれなりに町でした。ぼろぼろでもみんな靴を履いているし自転車に乗っている人もいます。
ああ、ここは町なんだなあ。店もあるもんなあ。と感心してしまうくらい、他のところは村でした。
トイレ休憩のためにバスがそこらへんで適当に停まると、遠くから子どもたちが裸足で走ってきて、
泥や砂だらけのからだで、
「ペンをちょうだい。キャンディをちょうだい。お金をちょうだい。」
とくっついてきたりします。
PA292943.jpg
(もちろん一生懸命働く子もたくさん。)
PA292945.jpg

この国は、どれくらい貧しいのだろう。
統計とか、そういう難しいことは私は調べてもいないのでわからないのですが、

私が感じた範囲ではエチオピアはとてもとても貧しいです。
(感覚だけでの判断なので正しいかどうかはわかりません)
まず、エチオピアの通貨、ETB(エチオピアンブル)ですが、
この国での一番大きなお札は、100ETB。日本円で換算すると約500円です。
途上国ではよくあることですが、小さな買い物に大きなお札を出してもお釣りを出せない人が多くいます。
エチオピアでも、ローカルなところで100ETBを使ってしまうとお釣りを出せない場合は多い。
それが500円くらいのお金であっても、お釣りがないのです。
(500円玉で100円の買い物をしても400円のお釣りがない。なぜなら、そんなにお金を持っていないから。みたいなことがよくあります。)

そして、路上で生活する人も当然たくさんいます。
首都アディスでもちょっと驚いてしまいましたが、
「この人生きているかな」と心配になるようなかっこうで歩道の真ん中で昼間から寝ている人も少なくありません。(YUKOがドラッグかもねと言っていて、そうかもしれないと思ったのだけど)

また、お金をください、と道端で手を出してくる人たちは他の国でもたくさんたくさん見てきたけれど、
エチオピアでふと気がついたことは、今までと比べてただ貧しいというだけではなくて
片足がない、両足がない、手の指もない、などの身体障害のある人たちがすごく多いのだけれどそれに加えて、
失明している人が多いことや、明らかに黒目が真っ白に濁っている人が多いこと。
一度は片目の周辺が壊死していてぼろっと肉片が見えている少年を見て驚きました。
彼はその壊死しているような片目を隠すように頭にゆるく布を巻いていました。
すぐにでも感染して、大変なことになってしまうだろうと思うととても怖かったです。

この国では医療を受けられるのはごく僅かの国民だけなのかもしれない。


そんなことを考えているときに、TORUさんに出会いました。

PA282889.jpg
ゴンダールの教会の外壁にそっと挿されていたバラ。
造花ですが、それでもこの土地の人が教会を大切にしていることが伝わってきました。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Comments: 4

maririnko URL 2010-11-05 Fri 23:11:07

旅がアフリカ大陸に入って読んでる方も俄然おもしろくなってきました。
Ethiopia興味深いよ!

「ハッ」超聞きたい!
発音に裏声が混ざるって言われてもわけわかんないし。どういうことよ。
画像もこれぞ異国的~になってきた。
おもしろいからしばらくエチオピアにいてブログ書いてください。

あともひとつリクエストなんだけど南京虫ってどんなの?見てみたいからぜひ激写してupしてください!

(そういえばフィンランド人もよく息吸いながらしゃべるよね。いた時に気付いた?)

bord de mer URL 2010-11-08 Mon 16:20:33

maririnkoちゃん:はろはろー!!コメントどうもありがとう。元気そうだね♪良かった!
エチオピアでの驚異のネット環境の悪さと、私のパソコンもかなり不調で全然思うように更新ができなかったよー。
エチオピア、やばいよ。まさかまた行きたいと思うなんて思わなかったけど、今ではかなり好きな国。
「ハッ。」
これね、電話でもやってるんだよ彼ら。電話しながらひきつけ起こしたみたいに息を吸って相槌打ってるの見るとついつい笑ってしまう。超かわいい。

南京虫は残念ながら?さいわいなことに、私たちは一度も被害に遭わずにエチオピアを出国できました!だからどんな姿してるか直接は見てないんだけど、ネットでも写真出てくると思う~♪

エチオピアの人は、まあどこの国でもそりゃそうだけど、嫌なやつもいました。けど9割くらいは優しくていい人だったかもしれないな。
またブログ読んでね!

(フィンランドでは何も気がつかなかった!けど彼らずいぶん静かにしゃべるよね?楽しそうにしゃべってても静かだったりして、不思議だった~)

ミキティ☆ URL 2010-11-08 Mon 21:46:05

初めまして。時々お邪魔させていただいています~!
何度かコメント未遂で終わっていますが、共感すること多く楽しませてもらっています。
写真とても素敵ですね~☆
私も今アフリカ大陸です。エチオピア興味津々です!

bord de mer URL 2010-11-16 Tue 02:44:30

ミキティさん:こんにちは!初めまして。お返事が遅くなってしまってごめんなさい。時々のぞいてくださっていたんですね。嬉しいです!どんどんコメントください♪私もミキティさんのページに遊びにいってみますね。
今はどちらにいるのかな?エチオピア、ちょっと移動は大変かもしれないけど、行く価値大だと思います。ぜひ行ってみてください!

今後も安全には気をつけて旅を続けてくださいね♪

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kanatabi.blog106.fc2.com/tb.php/158-fcbea16b
Listed below are links to weblogs that reference
だんだん、そしてどんどん好きになる、エチオピア。 from ~地球のイイとこ撮り~

Home > ETHIOPIA > だんだん、そしてどんどん好きになる、エチオピア。

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。