Home > 2010年12月09日

2010年12月09日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

くじら記念日。

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-09 Thu 11:59:54
  • ARZENTINA
PC055092.jpg
台湾系オーストラリア人のホイさん。
すごく人懐っこい性格で、ちょっとだけ日本語も知ってて、
ブエノスアイレスも私たちより早くいたので道を分かっていて、
頼りっぱなしでした。お世話になりました。



PC055107.jpg
ステーキがうまい!とイチオシされたお店でアルゼンチンワインを飲みました。
ワインなんて全然わからないしあまり飲めないのですが、おいしい!とごくごく飲めました。
二日酔いにもならなかったよ。


PC055113.jpg
約400gもあるステーキを私たち二人ともぺろり。
やわらかくておいしい♪
(私はいつでも食べてばかりいるので何でもぺろりですが)

英語圏の人に囲まれると、
普段「これって英語でなんていうの?」と気になっている言葉を色々聞いてみちゃいます。

今回は、
「潔癖症。」
正式な言い方じゃなくて普段使えるほうを教えて欲しいとお願いした結果、

「CLEAN FREAK」というあっさりした答えが返ってきました。

いいね!私、ちょっとCLEAN FREAK!!

*************************************************************************************

さて今日は、私たちのくじら記念日になりました。


野生のくじらを見れると聞いて、即、この町に来ることを決めた私たち。
PC085195.jpg
町自体も小さく、優しい人がたくさんいる、のんびりしたいい町です。

夕方の海辺にはバスケットボールやお散歩やジョギングをする地元の人たち。

PC085237.jpg
夕方の海がきれいで写真を撮っていたらこんなことになりました。
13歳から26歳までが一緒にバスケットボールをするという、最高にステキな集団。


PC085260.jpg
マゼランペンギンまで見てしまったよ。

PC085268.jpg
すっごく近くで見られました。


PC085276.jpg




PC095423.jpg
ペンギンだけじゃなくて、アザラシやトドも見れて感激したので、
アザラシをバックにアザラシのまねをして写真を撮ってもらいました。
(アザラシ写っていませんが)

アザラシやトドが、海辺でかつおぶしのかたまりみたいにごろごろ転がっているときにも、
近くに一頭くじらが見えていきなり感激。

そして、海へ出かけてさあいよいよくじら記念日です!!


風が強いことで有名なパタゴニア。
本当に本当に風が強くて船もぐらんぐらん揺れちゃいます。
酔い止めを飲んだけどぎりぎりの状態で、写真どころではなかった。

けど、
何せ人生初のくじら記念日なんだもんな。

頑張って撮ったぞ。

PC095485.jpg
おっぽ。


ボートの波で泳ぎやすいのか、あざらしくんもついてきました。
かわいい。こんなのが多摩川にいたら確かに見に行きたくなっちゃうかもしれないよ、ごまちゃん。
(こちらもぎりぎりの状態で撮ったのでぐらぐら感だけは伝わるかな!)

PC095475.jpg

とにかく大自然のパタゴニア、ひとつめの町ですでに大興奮。
これから、どんどん南に下っていくのだけど、どうしよう。

PC085287.jpg
こんなに自然が美しいのを見ると、

あら、神様っているのかもしれないなんて、
いい加減な私はそんなことを考えてうきうきしてしまう。

YUKO、来年からも、離れていてもくじら記念日にはYUKOとくじらのことを思い出すよ。

ぷっしゅー!!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

彼が話してくれたこと。

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-09 Thu 11:13:24
  • SPAIN
oknさん。

イスラエルの若者は、男女とも兵役に就くことが義務付けられていて、
男の子は3年間、女の子は2年間兵役に出るそうなんだけど、

彼が言うには男の子のうち、3割弱が訓練所とかでの料理人として働いたり、
戦車とかそういうものの修理に当たったりするらしくて、

ほかの7割以上の男の子は実際にパレスチナ人相手に闘う場面に参加することがあるんだって。

だから、
つまり、
「7割以上の男の子は撃ち合いを経験して、
誰かしらが死ぬところを見ていると思う」って話していたよ。

本当。

毎年若者が兵役に出て、
パレスチナ人に投石を受けて銃で応戦して、

そんなことがこの今の時代に現実に起こっていることなんだって、
やっぱり話を聞いても想像なんてできないというか至らないというか、

本当、涙が出ちゃうよ。

パレスチナ人もユダヤ人もどこのアラブ人も、
私たちが出会った人はみんないい人たちだったから、

積み重ねてきた歴史の続きで彼らがお互いを否定し合うなんていうのは、
本当は誰もそんなことしたくないだろうに、

歴史を築く意味は重いんだね。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Index of all entries

Home > 2010年12月09日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。