Home > 2010年12月

2010年12月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

IGUAZU FALLS!!!

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-30 Thu 12:13:48
  • ARZENTINA
パタゴニアとの別れを惜しみつつやってきたイグアスの滝。
これはこれで、この旅のハイライトのうちのひとつ。

(といっても南米はどこもそれぞれハイライト!)

こんなに楽しいと思わなかったよ、イグアスフォールズ!
カメラが壊れるかも、と心配しながらも結局カメラをびしょ濡れにしながら(防水じゃないのに)
きゃっきゃきゃっきゃしていました。

丸一日あっても足りないよ。
明日も行きたいなあ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

世界の南の端でクリスマス。

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-29 Wed 06:23:33
  • ARZENTINA
ウシュアイア。
世界で最南端の町と言われている、アルゼンチンのいちばん南の町。
私たちは今年のクリスマスをこの町で過ごしました。

町から少し離れているけど、
ここのホステルはすっごく良かった。

ホステルは、若者がわいわいパーティーしちゃうところもあるけど、
宿のオーナーやスタッフが静かで落ち着けるスペースを目指しているところもあって、
私はパーティーはあまり好きじゃないからそういう宿の方が嬉しい。

PC256510.jpg
寒い寒いウシュアイア。
ホステルの造りはできるだけ日光を取り入れるようにできていて、
屋内は本当に明るくて暖かい。

宿のスタッフ、クリスティアンがエンペナーダ(揚げ餃子みたいなパイ生地のもの)を作るというので
ちょっとだけお手伝い。
と言っても、結局私たちはいくつか餃子を包んだだけなのだけど。

男の子、同い年のクリスティアンだけど、
エンペナーダの具をとっても上手に作ってくれた。
いい旦那さんになるだろうなあ。包容力ありそうだし。

PC256512.jpg
餃子をこねこね水でくっつけているYUKO。

PC256514.jpg
サンパウロからやってきたマルコアントニオ。
お料理上手の旦那さん。

PC256516.jpg
ゲストがそれぞれ料理やお酒を持ち寄ってパーティーの準備が徐々に始まります。


PC256519.jpg
だいぶ集まってきました。
こんなにホステルに人がいたなんて知らなかったよ。





PC256526.jpg
キッチンでもにぎやかにつまみ食いしながらおしゃべり。
(私たちはつまみ食いしかしてないのだけど)



PC256528.jpg
一番右手前がお料理上手のクリスティアン、28歳。


PC256533.jpg
中国系ブラジル人のキアン。超いい人。

PC256541.jpg
フランスから、親子4人で3週間アルゼンチン旅行中というご家族。
みーんな温かくて、
両親は二人の娘に、二人の娘たちは両親に、それぞれプレゼントをこっそり用意しようとしています。
ので、部屋に入ろうとするお父さんを引き留めて、
(英語をちょこっとだけ話す)お父さんと私でしばしおしゃべり。
言葉がもっとわかったら楽しいのになあ。
フランス語もスペイン語も。


あとから、
他の宿でのパーティーを終えて帰ってきたカナダ人親子(18歳の男の子とお父さん)。
バイクでツーリングの旅、南アメリカ半年間。

お父さん(マーク)と息子(マイク)がそんなに仲がいいなんて、とってもとっても羨ましい。
そしてマイクは仕事をしてたんだけど、

「お父さんと旅をするなんて大事なことだから行っておいで!帰ってきたらまた一緒に仕事をしよう!」
と職場の人が快く送り出してくれたんだとか。

そんな恵まれた環境、とってもステキだ!!!


二人の旅は、マイクが13歳の時から二人で計画してたんだって。
2年前にアラスカに二人でツーリング行って、北端に行ったから今度は南端に、と計画した二人。
これからはパパは奥さんと旅をしたいから、次からは一人旅だと思うよ、とにっこり話すマイク。
マークにとって奥さんは、
ベストフレンドかつゴージャスな奥さんなんだって

この日の昼間も二人は宿で、おそろいのTシャツを着てたり、がっちり肩を組んで写真を撮ったり、
大笑いしながら一緒にテレビを見たり、

ん~、何から何まで理想の理想です。

そんな家庭、作れるかなー。作りたいなー。
夢が広がるクリスマス。

世界最南端で一体どんなクリスマスになるかと思ってたけど、
想像以上に温かい、幸せなしあわせなクリスマスでした。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

ウプサラ氷河でのトレッキング。

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-28 Tue 11:26:59
  • ARZENTINA
PC226403.jpg
Torres del Paineでは、3本に並ぶ塔のような山のシェイプがメインの見所っぽいのだけど、
個人的にはこのなだらかな美しい山並みもぐぐぐっとイチオシです。

黒い山肌と雪の白さがとってもいい。美しい。

PC156170.jpg
そしてアルゼンチン側パタゴニアでのウプサラ氷河トレッキング。
ウプサラ氷河についてガイドが説明する中、囲むように集まるお客さん。
私はスペイン語理解できないので逃走して写真撮影。
こちらは快晴。超強風。
でも風は写真に写りません。自分で今見返しても気持ち良さそうって思っちゃうけど、
すっごくすっごく風は強くて、気をつけて歩かないといろんなとこぶつけたりしそうなくらいでした。

でも、
きれいだねえ。氷河。湖もきれい。

ん~。また行きたい。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Torres del Paine day3,4 and 5。―朝焼けの条件―

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-28 Tue 11:20:30
  • 未分類
ちょっと時間が経ってしまいましたが、トレスデルパイネでの残りの時間をさらっと書きます。


三日目は、テントに落ちる雨の音で目が覚めました。
ああ雨だなあ、なんて思ったけど、
キャンプを始めてからは
前日も前々日も朝は小雨が降ってたからあまり気にしていませんでした。

だけどこの日は、
朝からずっとずっと雨が降り止まなくて、
結局目的地の途中の山小屋に到着するまでに
靴もバックパックもびっしょびしょになってしまいました。

特にYUKOはレインパンツを持ってなかったので、
履いていた長ズボンが中までびっしょりになってしまって、
相当寒かっただろうし不快だっただろうと思います。

少しだけ休憩してから、
この日はキャンプしないで山小屋に泊まろうと決めてそこまで頑張って歩きました。
寒いし、全身びしょびしょで本当に不快で、
二人ともとことん気持ちが落ちてしまった一日でした。

とりあえず屋根のあるところで雨風しのいで休ませてもらえるだけで良かった。

ホットシャワーを浴びれたときのあの感動は、たまらなかったね。

この日は写真ゼロです。
寒すぎて、雨もけっこう本降りが一日中、本当に一日中続いて、大変でした。
*********************************************************************************

PC226349.jpg
4日目。
山小屋でリフレッシュして、何せ4日目にぴかーんと晴れたので、
俄然頑張れそうな気持ちになって、朝焼け楽しみだな~と次のキャンプ場へ。

そうなの。
この4泊5日のキャンプを気合いで決めたのは、
朝焼けがぞくっとするほどきれいだと読んだからです。

4日目は2時間くらいの道のりをちょちょっと登っておしまいでした。
明るいうちに明るい山小屋に着いて、みんなでごはんを食べて、早めに就寝。

この山小屋はチレーノというところで、とても雰囲気が良くて明るくて川もすぐそばで気持ちがいい。
ごはんをお向かいで食べているご夫婦は、YUKOが落としたお財布を拾ってくれた方たち。
PC226354.jpg
登山中に暑くなったYUKOはバックパックの上にレインジャケットをくくっておいたんだけど、
あまりに風が強くてどこかで飛ばされちゃったみたいなのです。

ポケットの中にお財布も入ってたんだけど、
たまたまポケットのチャックが開いていたからお財布でトレッキングトレイルの上に落ちて、
誰か(下山中の人)が拾ってくれて、

親切にも中に入っていたパスポートのコピーを見て
「アジアの女の子が二人登っていくの見たから」
と言って、すれ違った登山組のこのご夫婦にお財布を託したんだそうです。

みなさんなんて親切なんでしょう。
買いたてのレインジャケットは惜しかったかもしれないけど、
お財布が返って来たなんて本当に不幸中の幸いだったね。

さて5日目。
日の出が5時45分だというので、
ビューポイントまで2時間くらいで着くと言われていたけど、
2時半に出発した私たち。

真っ暗です。
森の中なんて本当に真っ暗で、どれだけヘッドライトを照らしても全然見えない。
結局2度も迷子になってしまったよ。
(2度目は本気で危険だと思ったよね)

迷子時間も含めて、
ちょうど5時半頃に着いたので、朝日に間に合った~♪
PC226363.jpg
焼けて欲しいよ、朝焼け!
PC226388.jpg
寒すぎて持参した寝袋にくるまれる。それでも寒い。手も足もかじかむ。

PC226367.jpg
東側の空。

PC226391.jpg

PC226410.jpg

PC226415.jpg
とにかく達成感!!!


朝焼けはなかったよ。

普通の朝日だった。
どういうときに朝焼けになるんだろうなあ。お天気のコントロールなんてできないもんなあ。
ちょっとだけがっかりしたけど、

PC226420.jpg
靴擦れしたからってビーサンで登る子もいるんだもんな。
あっぱれすぎます。
けっこう道、滑りやすいのに。

夜中の登山、
迷子にもなるわけです。

こっちだよ、
あっちだよ、
のサイン。
PC226445.jpg
これじゃあ見えません。

PC226451.jpg
登山は昼間に限ります。深夜に歩いたのと同じ道とは思えない。
きもちよかー♪

PC226455.jpg

PC226460.jpg
水もおいしそう。

PC226465.jpg
お花もとっても可愛い。可憐ていうのかしら。日本語合ってるかしら。


PC226472.jpg
星の王子様の大きなアップリケ?をバックパックに縫い付けているオーストラリアの女の子。
友達からもらったんだって。とっても可愛い。

PC226473.jpg

PC226474.jpg
この子も可愛い。好みです。


PC226480.jpg

途中途中で励ましてくれた、チリ人。とってもいい人です。
スパゲティすすりながらカメラに目線くれる点でもうステキです。
(声かけるタイミング私が間違えているだけなのだけど)


PC226482.jpg
雨の3日目に妖精のように現れて私たちを助けてくれたジョン。と娘さんと奥さん。
すごくステキな家族です。

PC226486.jpg
キャンプ場で風を避けて肩を寄せ合うようにテントが並ぶ。その姿もいい感じ。

PC236491.jpg
黄色い花ばんざい。


5日間、
一緒に歩いてくれたYUKO、
お互い大変な思いもしたけど、けんかもしたけど、わがままも言ってしまったけれど、
二人とも無事に帰ってこられて本当に良かったね。

一緒に登れて良かった。
ありがとう。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

イタイくんがかわいそう。

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-25 Sat 21:25:22
  • CHILE
南米では旅人のルートがかぶることが多くて、
いろんなところでいろんな人とばったり再会するとはもともと聞いていたのだけど、
実際、私たちが今いるパタゴニア地方でも、
次の町で前の町で会った人に会うことがよくあります。


最初に訪れた、野生のくじらを見て感動した町(プエルト・マドリン)で出会ったエリック(アメリカ人)。
出会った時から私はなんだかあんまり好きになれなくて、

強引にビールを一緒に飲もうと言われたり、
強引に一緒にジェンガをやろうと言われたり、
韓国人がいかに日本人を良く思っていないかみたいな話を不躾に受けたりして、

ますますエリックの印象はだだ下がりだったのだけど、
くじらツアーも別のツアーになっていたみたいだし良かったーなんて思っていたら、
結局くじらツアーはだいたいのツアーが同じ流れで一日のプログラムを組んでいるから、
くじら見る船も一緒で、
ペンギン見るときもそばにいたりして、
いやあご縁てなんだかなんだか、なんて不服に思っていたのです。


けどまあ、それほど気にすることなくそこでお別れ。


すっかり忘れていた頃に、
エリックと一緒にいたエディ(アメリカ人)が一人でペリト・モレノ氷河にいるところに再会。

エディは、
アルゼンチンの北部に行ってワインを飲みながら夏を感じたくて、
それでわざわざ冬のアメリカからやって来たのに、
エリックが(やっぱりここでも)強引に南行きを決めてチケットを手配しちゃって、
「俺なーんでこんな寒いところにいるんだろ」と困っていたエディ。

数日後にアメリカで友達の結婚式を控えてるから早く帰らなくちゃいけないけれど、
あまりに南に来すぎてその日までに帰れるかわからない、なんて困っていたエディ。

YUKOと二人で、
あらまあエリック、やっぱりいつでも強引なのかしら。と話してました。

そんなエリックに、パイネ国立公園トレッキング3日目でなんと再会してしまいました。

「Hey,girls」と声を掛けられたときは
ありゃりゃー、とついついうっかり思ってしまったよ。

ご飯を食べていると、
やっぱりちゃっかり横に座るエリック。

そこで衝撃発言。

プエルト・マドリンで一緒の宿にいたイスラエル人のイタイくん、30歳。
彼とまた別の町で再会したエリックは腕相撲をして彼の腕の骨を折ってしまったとな。

なにが衝撃って、
まったく悪いと思っていないんじゃないかっていうその話し方に、
二人で衝撃を受けてしまったのでした。

しかも会う人会う人に同じ話をしている彼。
(聞いている人はかなりびっくりしているのだけどお構いなしに見えてしまったよ。)

イタイくんは結局、
一晩手当てを受けたあと、
今はもうイスラエルに帰国しているんだって。

「知ってるでしょ、イタイの名前は日本語でアウチって意味なんだよ、おもしろいよな!」
なんていう言い方するエリックに絶句気味の私たちでした。

特に、
イタイくんは穏やかさわやか笑顔がステキで、
静かにアザラシ見て興奮してるかわいらしいイスラエル人だっただけに、
私たちは二人ともイタイくんがとても好きだったのです。

もっと旅を続けたかっただろうにエリックなんかに痛い思いさせられてああ不憫…

PC095443.jpg
ステキな笑顔のイタイくん。

ああお大事に。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Torres del Paine day1and 2。

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-25 Sat 00:55:26
  • CHILE
トレッキングは何度かこれまでしてきたけど、
自分でテント張って、ごはんを作って、
しかもそのテントや寝袋や食糧やガスを自分たちで担いで山を歩くというのは二人とも初めて。

パイネ国立公園のふもと、
チリのプエルト・ナタレスという町では、アメリカ人が経営するホステル兼山道具のレンタル屋さんで
毎日午後3時から無料の相談会が開かれます。
そこで持ち物についてとか、ルートについてとか色々教えてもらって、

それでも何せまるっきり初めてで不安なので、
「ガイドを雇って一緒に歩くか、山小屋を泊まり歩くか、どっちがいいのか」と相談しました。

そしたらあっさり、
「二人ともたくましそうだし、ガイドを雇う必要はないよ。ガイドは荷物持ちになるだけだし、
山小屋は高いし、キャンプすればいいじゃない。何が不安なの?」と言われます。


わおわお


いっぱい人が集まって講習受けているときには聞けなかった、
こまごました質問をおじさんにひとつずつ解決してもらって、
頑張ればいけそうな気がする、という気持ちになってきて、
てんやわんやで準備して出発したのでした。


一日目。
お天気は雨と強風。
私たちが強風の中張ったテント。
PC196224.jpg
風にたなびきすぎ。
自分たちのテントだけこんなに風にたなびいてて、
思わず笑ってしまったけど笑い事じゃないっちゃない。眠れないもんね。

すぐそばにテントを張ってたイスラエルからの4人組に助けを求めて、
ぱぱぱっとあっという間にじょうずに張りなおしてくれました。

本気でありがとう。

テントを張ってから、予定通りグレイ氷河というビューポイントを見に歩きます。
けど、風が強すぎて強すぎて寒くてきつい。
途中で会った、プエルト・ナタレスで宿が一緒だったイギリス人夫婦に、
「3時間歩いて最後まで行かなくても、半分くらいのところにあるビューポイントで十分だよ!」と
大変助かる情報をもらって、そこまで頑張りました。
PC196225.jpg

いぇい。
寒くて暗くて今にも雨が降りそうなこのお天気。
すぐに雨降ってきました。
半分でやめておいて良かった。

夜ご飯まで作ると食糧が重くなりすぎるので基本は山小屋で夜食べると決めておいて本当に助かった。
あったかい場所で出されたご飯を食べるだけって、
なんてなんてありがたいのでしょう。
PC196232.jpg

イスラエル人4人組は、
当然ビューポイントの最後までもりもり歩いて、
帰ってきてさくさくご飯を作って、
さわやかに私たちのテントを直してくれました。

頼もしすぎて、感激しっぱなし。

PC196238.jpg
翌朝、少し晴れ間が出て本当に嬉しかった。
キャンプサイトのすぐそばにある湖は、氷河が溶けてできたからか、
すごくきれいな、とろっとしたエメラルドブルーといえばいいのかな、
どう表現すればいいのかわからないけれどとってもきれいな色をしています。

昨日は寒くて風が強すぎて写真を撮れなかったけど、今日は少しいい。
ありがとう、おひさま!

この日は風は強いけど雨が降らなくて、
次のキャンプサイトまでスムーズに到着。
途中休憩は風を避けられる森の中で。
PC196240.jpg
大きなバックパックを持っていない私はそれもレンタルしたのだけど、
肩紐のクッションが薄っぺらくて、重たくてぐいぐいくいこんでくるのがしんどかったけど、
とにかくキャンプ場についてテントや食糧をおろせることが嬉しいんです。

PC206247.jpg

朝寝坊している例の4人組を置いて先にキャンプ場に着いた私たちは、
今日こそ二人でテントを張って彼らにほめてもらおうと張り切りまくり。

PC206249.jpg
順調です。10分以内でぱぱっと張れたと思う。うふふ。(彼らのレクチャーのおかげだね)


この日は午後、片道3時間歩くだけなので気楽にお昼もスープを作ってあったかお昼ご飯♪
PC206250.jpg

PC206251.jpg
午後のトレッキングスタート。


かかあ天下と空っ風。
で有名な群馬県育ちの私は、群馬の空っ風は相当なもんだと信じてました。
冬に自転車で北に向かおうとしても、立ち漕ぎしたって大変な群馬の風。

だからパタゴニアでも強くたくましくやっていけるかななんて甘く見ていたのだけど、

私が甘かった。

パタゴニアの風はとんでもなかったよ!
群馬のみんなもびっくりしちゃうと思うよ!
PC206254.jpg

重心低くしてないとすぐよろめいちゃう。
風に飛ばされて転んでお尻を打ってしまったYUKO。かわいそうに。痛かったと思う、岩岩ごつごつだし。
PC206266.jpg

こうして青空が見えるってことは風が強くて雲が飛ばされてるってことなので、
風はすごくすごく強いのです。
PC206270.jpg

のどが渇いたらいい感じの小川(流されなさそうな)を見つけて水を汲みます。
PC206278.jpg


うかうかスープを飲んで過ごして、午後のんびりキャンプサイトを出発した私たち。
なかなかビューポイントにたどり着かなくて、
こんなに明るいけどもう6時過ぎ。
途中で引き返したところにイスラエル人4人組とばったり会って、
「せっかくここまで来たのにビューポイントに行かないなんて。もったいない。
一緒に行こう!ついておいで!」と言われて、

帰りも彼らが一緒ならまあ少し遅くなっても安心かしら?と思ってついてきてしまった。
けど歩くのがとにかく速すぎてついていけない。

親切に、歩くときには私たちを4人の真ん中に挟んで歩かせてくれるのだけど、
前の2人と離れてしまう。

結局、
明らかにビューポイントらしきところを過ぎてもっと進んでいく彼らに、
これ以上ついていけないと判断して引き返した私たち。

かーなり危ない道で、
ずるずる転んで擦り傷あおあざ作って帰ってきました。

でも、
生きてて良かったよ。

ビューポイントらしきところでは、やっぱり男の子が何人かいて、
「ここだよ、ビューポイント。」と。

だよね、だよね、あっちまでいったのは行きすぎだよね。
PC206294.jpg
「ぼくたちサインを見逃してこっち来ちゃって、道間違ってるんだけどもう少し上まで上がろうと思う。
どうする?ついてくる?」と急なごろごろ岩道(下は川)で聞かれて、
引き返しを決断した瞬間。

ここがビューポイント。
でも、この日もやっぱり半分くらいのところでもうひとつビューポイントがあって、
そっちのほうが景色は良かったから、ここまで来なくても良かったのかもしれない。
来てみて両方見たからわかることだけど。
PC206300.jpg



そして頑張ったこの日の夜ご飯。

こんなにおいしいご飯、ひっさしぶり。
おいしすぎて大感激でした。
川の水を汲みに行くっていう作業も、すごく新鮮で楽しかったなあ。
PC206315.jpg


風よけのために石を積み重ねて作った即席いろり。
いい感じ。
イスラエル人にもほめてもらえたよ。(←ほめられたがり)
PC206318.jpg


PC206321.jpg
集合写真!またね~!日本に来てくれたら、おもいっきり感謝のおもてなししたいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

無事に戻りました。(すりきずと青あざだけで済んだよ!)

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-23 Thu 12:01:46
  • CHILE
4泊5日、
無事にトレッキングを終えて戻ってきました。
まだ夏の初めだからか、パタゴニアだからか、
予想通り(かそれ以上)の不安定な天気で毎日てんやわんやでした。

でも、
とにかく大変なことも多かったけど、
無事に二人とも4泊5日のキャンピングを終えてきました!!

写真はあとで少しずつ載せますが、
何せ天気が悪い日もあったので写真が少ない。
寒すぎるせいかカメラが起動しないこともあってどきどきでした。

滑って転んで尻もちついたり、
滑って転んで小川に落ちたり、
夜中のトレッキングで迷子になったり、
リュックが重すぎて汗もかきすぎて、ずいぶん久しぶりにあせもが腰にできたり、
小川の水を汲んでクッキングするんだけどぎりぎり落ちそうになったり、

いろいろあったけど楽しかった。

軍隊あがりのイスラエル人たちにもとってもとってもお世話になりました。

もう、
どんだけ風が強く吹いても飛ばされないテント張れるよ。うふ。



明日も早朝から移動なので、写真は次回また載せます。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

トレッキングに行って来ます。@パイネ国立公園

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-18 Sat 12:09:02
  • CHILE
明日から、4泊5日で山登りしてきます。
国立公園内だしキャンプ場も整備されているようなので安心ですが、

なにせ生まれて初めての、

テントも寝袋も食糧もガスも自分たちで背中にしょって担いで歩くキャンプ。
山登りだけでもけっこうきっとしんどいだろうけど、
それに加えて大きい荷物を背負っていってキャンプ場にテントをはる。

うーん
男の子たち、みんながんがんやってるけど、
すごいなー。

ていうかそれをやろうとしてしまう私たちもたくましすぎるのか。

でも、
パイネ国立公園の写真を見ていたら、
日帰りトレッキングでは満足できなそうで、
行きたくてうずうずしてしまって、YUKOを誘ってしまいました。

誘っておきながらわりとどきどきしているけれど、
荷造りが終了した今は安心してます。

タンザニアのキャンプ場ではったテントよりも
今回レンタルしたものはとても軽いし、すぐにテントもはれるので楽ちん。

いとうくんにもらったコンパス、
ここで初めて日の目を浴びそうです。ありがとう!

無理せず安全第一で行って来ますので、
また帰ってきたらブログ書きます。


みなさんも、来週クリスマスだから色々楽しい週末になりますように。

(クリスチャンじゃないけど)メリークリスマス!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

氷河がどーんと崩れる瞬間。

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-17 Fri 12:20:10
  • ARZENTINA
PC146062.jpg
有名な、ペリト・モレノ氷河。
これはやっぱり迫力あります!
何万年も前からある氷河だなんて、気の遠くなるほどの時間だけれど、
とってもきれいな色をしてます。

YUKOとフランス人の男の子二人と、
「この色って何色って表現すればいいんだろう」とみんなでうんうん考えても、
やっぱり言い表せない美しい色。

透明感のある、濃いブルーや薄いブルーや、
光の加減によって色や輝きが変わる美しい美しい氷河でした。


PC146063.jpg
強風。寒い。


PC146071.jpg
ずっとずっと寒さを我慢して、全部で3時間くらい外にいたのかしら?
やっと最後の最後に氷河のかたまりがどどーんと崩れる瞬間に立ち会いました。

ものすごく大きな崩落ではなかったのかもしれないけど、
それでも十分な迫力。


PC146086.jpg
夜はフランスの若者と夜ごはんをシェアです。
フランスで待つ彼女(と元彼女)のために一生懸命おみやげを選ぶ姿に心温まったよ。



PC146119.jpg
フランス風じゃんけん。
パーが完全に挙手です。そんなにぴちっと揃えなくても、ってくらいぴっちりパー。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

total lunar eclipse!!

  • Posted by: KANA
  • 2010-12-16 Thu 23:14:03
  • CHILE
皆既月食って見たことありません。
憧れます。

とってもロマンチック。

朝ごはんを宿で食べていたら、
一緒にいたイギリス人のカップルにもらった耳より情報。

12月20日の深夜(12月21日)に、
皆既月食が起こってしまうのだそうです。

見る!!!!

そして、
「チリは、世界でも今回の月食を見るのに最も適した場所のひとつだよ」と教えてもらって
大興奮中。

彼ら、
南極もガラパゴス諸島も行ったみたい。
両方、
「高いけど払う価値あり!!」と熱弁ふるわれて、
特に南極なんて超高いけど、行くべき!と熱弁ふるわれて、

船酔いが怖い私ですが、ぐらぐら揺れています。

バラダイツ(バスクの人)の写真ですが、
こんなことしてみたい!怖そうだけど、腹筋ないけど、してみたい!
164761_1790526523186_1240303805_32077980_7621342_n.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加中です。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Index of all entries

Home > 2010年12月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。