Home > 2010年10月22日

2010年10月22日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

イスラエル入国。

  • Posted by: KANA
  • 2010-10-22 Fri 00:56:08
  • ISRAEL
先にパレスチナでのことを書いてしまったけれど、

シリアのダマスカスを出発した後は、
ヨルダン経由でイスラエルに入国しました。

知っている人も多いと思うけれど、
イスラエルは周辺のアラブ諸国とうまくいっていなくて(そりゃそうだ)
シリアは、イスラエルの入国をした人には来ないでくださいといっています。
だから、イスラエルに入った後にシリアに行きたい人は、
イスラエルに入るときにパスポートにスタンプを押さないで欲しいと伝えなければいけません。

でも、イスラエルに入国するとパスポートの裏に粘着力の強いシールを貼られるということで、
シリアの入国時はパスポートの裏のシール跡もじっくりチェックされるのだそう。


よほどの理由がない限り、
イスラエルに入国した後にあえてシリアに入るようなことはしないほうがいいかなと思うこのごろ。
イスラエルに入ったことをうっかりもらしてしまったために拘束された人の話も聞いたし、
(その人は、拘束されても「イスラエルには行っていない」と言い張ったので、
余計にスパイ容疑がかかってしまったんだそうです)
シリアは、イスラエルに行った人は来ないでくださいって公にしているのだから、
イスラエルに行ったことがばれれば、シリアが正当だもんなあ。

私たちは先にシリアに入ったので堂々とイスラエルのスタンプをもらうことにしていました。

ヨルダンのアンマンから近い国境(キング・フセインブリッジ)を目指したはずでしたが、
ユダヤ教の金曜日・土曜日は週末。
金曜日のお昼ごろにアンマンに着くともう、キング・フセインは閉まっていました。

アンマンでじっとしているのもいやなので、
仕方なくアンマンから北へ100キロ近く行った先にある、
シェイフ・フセインブリッジという別の国境へ向かいました。

タクシーが高かったよう。

そこで、
すんなり入国。

それなりに質問はされたけど、特に問題なかったです。
ただ、YUKOがうっかり、
アラビア語でシュクラーン!と言ったときには、女性職員が、
「シュクランって言った?」ときらりーんな顔をちらっと見せましたが笑。



そこからまた、
週末のユダヤ国家では、エルサレムまでタクシーで向かうしかなくて、
タクシーも台数が少ないので相手の言い値に従うしかありません。

悲しい悲しい、530シェケル。
約13000円です。

でも、まあ無事にエルサレムに着いて何よりです。

PA172372.jpg
堂々と正面からは写真を撮れなかったのだけれど、
本当にたくさんいます。
正統派と言われている敬虔なユダヤ教徒たち。
大人も子どもももみあげの上の髪の毛を長く伸ばしてきれいにカールさせています。
とんがり帽子やタイヤみたいな帽子をかぶっていたりして、
その帽子の下にはもう一つ小さな帽子もかぶっていて、
黒いマントを羽織っているその姿は見慣れるまではとっても奇妙でちょっと不気味にすら感じました。

彼らがユダヤ教徒だけで固まって、
早歩きで固い顔で旧市街を抜けていく姿が特に私にそう思わせたのかもしれません。

PA182477.jpg
アイスはおいしいよ♪


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Index of all entries

Home > 2010年10月22日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。