Home > 2010年08月

2010年08月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

安宿に泊まる私たちの宿命。

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-31 Tue 23:14:17
  • GREECE
ギリシャの、
サントリーニ島で、
エーゲ海を楽しんで。

さぞかしリゾートしてると思う人もいるかもしれません。

確かにリゾートしてます。

だけど
安宿に泊まる私たちには
安宿ならではのいろんな問題?がついてきます。

シャワーやトイレが共同なのは超超当たり前。
エアコンがない(またはスイッチつかない)も当たり前。
ごはんもつかないし
壁が薄かったりバーに近かったりしてうるさかったり
とっても汚かったり

だけど安くステイできるので文句は言っちゃいけませんね。

盗難がなくて
ある程度安心して泊まれるだけで感謝です。

今回の安宿は、

シャワーが多分、薄めた海水です。

えへへ。

シャワー浴びてもべたべたします。

さーて、
海水浴してこよ。

そして終わったらシャワーしよ。

えへへへへ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

憧れていた国、ギリシャ!憧れまくった島、サントリーニ!!

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-29 Sun 19:58:06
  • GREECE
ヨーロッパって広い。

陸路移動を続けて身にしみて感じました。

日本の電車は正確。情報も正確。動きやすい。
ヨーロッパだって動きやすいけど、
だいぶ外れてきた最近は、徐々に移動が面倒になってきました。



オフリドを朝6時に出発してマケドニアの国境を越えてギリシャに入って、
そこからギリシャの首都、アテネに着くまで。

14時間と30分。

長い!!!
IMG_8610.jpg


マケドニアでこんな移動をすることは
もうないかもしれないけど(ないと思う)

覚え書き。

オフリドから、ギリシャとの国境付近の町、ビトラまでバスに乗る。4ユーロ弱。
P8284050.jpg


ビトラから、ギリシャの国境を越えて最初の町まで行くのにタクシーで一人10ユーロ。
P8284054.jpg


この二つの国の国境をタクシーで越えるのは実はあんまり良くないみたいで
タクシーの運転手さんは、
メーターも
無線も
車のてっぺんのタクシーの看板も

全部はずしていざ出発。
でも真っ黄色な車なので見るからにタクシー。

(すんなり国境は越えられたけど途中、謎のおじさんにタクシーだろう!てな感じで怒鳴られる)
(ドライバーさんが全部対応してくれていたけど、国境って複雑なんだな。)
P8284058.jpg


そこからアテネを目指す。まだ朝の10時。
が、直行のバスも電車も夜の19時か20時までないらしいので、
まずはギリシャの第二の都市、テッサロニキを目指す。

バスに揺られること3時間、
テッサロニキの鉄道駅に移動して、
アテネ行きの電車に乗る。
(↑移動に市バスを使ったんだけど、車内の券売機でチケット買うとき、お釣りでないの。
足りてりゃいいです、的な感じなのかしら。欲しいよお釣り!!って言ったら運転手さんに、
「ここはギリシャだよ。」とにっこりされて終わった)

テッサロニキ駅にて。


チケット売り場の8つの窓口のうち、
開いているのは2つのみ。

両方長蛇の列。

乗りたい電車は14:54.そのとき14:30.

私が並んだほうの受付のおばちゃん、
遠くから見ると愛想悪いのです。すごく。

どう見ても、
長蛇の列を無視して適宜コーヒーブレイクしてます。


ちょっとずつ近づいてもやっぱり愛想悪すぎでした。

う~ん。
この電車を逃すと、次の列車でアテネに着くのが超遅くなってしまう。
愛想はいいからチケットさばいてください!!!


先に並んでいた人たちを抜かす人たちを見て、
私も
「本当に申し訳ないのだけど、あと10分くらいで電車来ちゃうので
先にチケット買わせてもらってもいいですか」
ってお願いして、

おばちゃんに大人二枚のチケットを頼みました。


でも、電車で罰金。

チケット一人分しかくれていなかったみたい。



アテネに着いて、
とりあえずこの日は寝るだけ。

宿はいまいちだけど、安かろう悪かろうということで耐える。

そして今朝。

4時起き(昨日は5時起き)。


フェリーに乗りたくて朝から動きまくります。
地下鉄を乗り継いで港を目指します。

が、港に続く地下鉄は工事中とかで乗れなくて
電車に乗り換えてまた移動。

そしたら、

囲まれました。
エスカレーターで。男4人に。

周りをぐいぐい4人に固められて、

あれ。これおかしいぞ。怪しいぞ。

と思ったら一人が私のリュックからカメラを引っ張り出していました。

ちょっと!!!

とカメラを取り返しましたが、

どきどきどきどきどきどきどき。

何も取られなくて良かったけど、
怖いぞ。

どろぼー!!!とか大きな声出せれば良かった。
けど、
どきどきしてあんまり言えないものなんだな。

悔しいです。

**********************************************************************************

憧れていたサントリーニ島に着きました。
寝不足なので今日はお昼寝して過ごそうと思いますが、

憧れのギリシャ、
夢見てたサントリーニ島!!

悔しいスタートを切ってしまったので、
倍返しで楽しい思いをしたいです!!!
P8284056.jpg
(文字も、数学の時間みたいになっちゃった。)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


マケドニアの国旗が可愛くてたまらない。

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-28 Sat 08:31:13
  • MACEDONIA
mk.gif
マケドニアの国旗、
ひとめぼれです。

太陽!!!!



マケドニアに来たのは、
ボスニア・ヘルツェゴビナや他の旧ユーゴスラビアのいくつかの国と同じように、

南下していくため。
でした。

でも、
ここオフリドで二泊。

理由1:夜行バスで疲れていたから。
IMG_8547.jpg


理由2:宿が快適だったから、つい。←これすごく大切。
P8284046.jpg

理由3:人が優しい!!!!なつっこい!!!居心地がいい!!
IMG_8552.jpg


夜行バスで朝5時にバスターミナルに着いた私たち。
タクシーの運転手さんにはちょこっと多めに取られたけれど
無事に宿まで送り届けてもらえました。

それだけで感謝。ありがとう。

5時にぴんぽん鳴らした私たちを、
パジャマでにっこり出迎えてくれたお母さん、ストイナ。
IMG_8550.jpg
お昼まで寝て起きたら、
パプリカに糸をちくちく通して干してました。
冬の保存食にするみたい。へえ。おいしそう。
見つめてたら、庭で取れたきゅうり(特大)とトマト(特大)をくれました。
これがまた、

激うまです。

お父さんのワンショットはないんだけど、
息子さんが始めたゲストハウスを手伝うご両親。

ていうかほとんどこのご両親にお世話になりました。
補聴器つけて、手もぷるぷるしているんだけど、
町の地図を見せながらひとつひとつ丁寧に案内してくれたお父さん。

上の記念写真では、パジャマを着てたら奥さんに怒られて脱がされてた。
下着のシャツになるなら、パジャマで良かったんじゃないかと思うけど、
とにかくここのファミリーがみんな仲良しでとってもステキ。

息子さんが、
お父さんの鼻をつんって触りながら話したりするの。

愛情たっぷり。て感じでとってもとっても温かかったです。


P8283978.jpg
アジア人が珍しいのか、インド以来このあたりではよく写真撮影を求められます。

P8273937.jpg
懐かしすぎるわたあめ、
大きすぎるわたあめ、いいね、いいね!!!

P8273943.jpg
なんて見てたら、
買ってくれた。

えへへへへ。

ありがとー!!!!
おいしかったよ。

りんご飴まで売っていて、それも見つめてたもんだから、
りんご飴も買ってくれたよ。

おねだりしたつもりはなかったのだけど、
そんなに物欲しそうだったか。

ちょっと以後気をつけます

が、

ありがとう!!!

P8283976.jpg
オフリドという町なので、オフリド湖。
自分の星座のプレートを触りつつコインを湖に投げると願いが叶うって書いてあったので、
触りつつ投げる。

叶いますように。

P8283986.jpg
遊んでるYUKOに近づく少女。

IMG_8572.jpg
人見知りせず、すんなり隣に座る。

P8283996.jpg
写真一緒に撮って、って言われて、
こっちも一緒に撮って、て頼む。

IMG_8577.jpg
まだ10歳だって。大人っぽくて、でも無邪気に一緒に遊んで、
なんてかわいいのー!!

IMG_8590.jpg
崖の上に建てられた教会。
奥にゆっくり沈んでいく太陽。

マケドニア、
すっごくいいです。

離れるのが惜しい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

朝イチFORTRESS!!

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-27 Fri 07:22:47
  • MONTENEGRO
モンテネグロの小さな海沿いの町、コトルで。

朝、眠たい目をこすりながら、
(Female Onlyのはずの部屋で)
イイ感じで筋肉ついてる男の子が目を覚ましてウィンクされて、
(彼は優しいゲイだと思う。しぐさがめちゃ可愛い。)

身支度を整えて山登りに出発。

朝日が昇って暑くなる前に。



P8253779.jpg
軽く盆地なので太陽の光が届かずまだ町は眠ってます。

P8253786.jpg
カメラを構えるYUKO。

P8253790.jpg
さくさく登る。1300段、ちょっと疲れたけど、それほど大変じゃないね!!
ありがとういつかのネパール山登り。おかげで色々乗り越えられるよ!!



P8253813.jpg
登ったよー!きれい!!

P8253808.jpg
てっぺんからの景色。
というか要塞、いろんなところにあるけど、作るの本当にどれだけ大変だったんだろう。

P8253807.jpg
ゴミ袋、設置してみたものの、回収にはあまり来ていないみたい。
ていうか各自、持ち帰りなさいな!!

P8253778.jpg
二日間とも広場に立ってた電飾おばちゃん。
売れてるんかな。

コトルは、
ホステルのおばちゃんが強烈インパクトでした。

ピザ食べてた女の子が一枚食べ切れなくて、
「これ誰か食べるかな」っておばちゃんに聞いたら、
「私食べる。何でも食べるわよ。」って(ちょっと野太い声で)言ってた。

し、
そっこう食べてました。

迫力満点のおばちゃん。
ちょっといつもおどおどさせられたけど、
チェックインの時点で名前覚えてくれて、
毎回遠くから、

「KANAKOOOO」って呼ばれるのは悪くなかった。
嬉しかったよおばちゃん。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

夜行バスで無事に国境を越えて。

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-26 Thu 13:01:22
  • MACEDONIA
がらがらに空いた夜行バスで10時間、
モンテネグロのコトルから、
マケドニアのオフリドという町にやってきました。

今、朝の6時前。

空いていたので
通路挟んだ隣の席に足を伸ばしてのびのびガタゴト揺られてきました。

いやあ、このあたりの夜行バスはちょっと緊張するなあ!!!!

なんて思いながら

ぐうすかぴいです。

トイレ休憩のたびに
「通路あけて」という感じでほかの乗客に足をつんつんされて、

またつんつんされたので足をひっこめて寝ていたら
国境越えでパスポート!ってドライバーさんに苦笑されたり。

平和な移動でした。



朝の5時に着いたのに
宿のおばあちゃんは私たちをステキなプライベートルームに通してくれて、

これはこれは、
久しぶりにぐっすり眠れるぞー!

(数日、アメリカ人のグループがいつもいて、ドミトリーが超にぎやかだったので眠れず)

(昨日は、Female onlyって書いてある部屋を予約したのに、8人中4人男の子だったの)

(ちょっと高く払ったのに、男の子が腕立て伏せずっとやってた)

だから今日はぐっすりぐうすかだ!!!!



P8243772.jpg

スウィートスポットだらけ。

P8243773.jpg

おいしいトマトが食べたいよ!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

今日は何の日?トマトの日!!

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-25 Wed 14:08:30
  • MONTENEGRO
YUKOと私は今、モンテネグロの小さな海辺の町、コトルというところにいます。

今朝の7時ですが、
1300段以上あるという丘に登りに行ってきます!

ちび万里の長城みたいな城塞が丘の上に続いていたので、
やっぱり、
山があると登りたくなるっていう、

ね!!!


今日はスペインでトマト祭りがある日です。
あと2時間くらいで、

トマトの投げっこが始まりますね。
いいな!!
行っている人!楽しんでね!!!

けっこう惹かれていたのであとで行った人に感想を聞いてみたいと思います♪
(絶対おもしろいに決まってるよね

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

ボスニア・ヘルツェゴビナ。

旧ユーゴスラビア。

ボスニア・ヘルツェゴビナ。

サラエヴォ。

私にとってこんな単語は紛争・戦争の地域としてはなじみがあるけれど、
それ以外あまりイメージのわかない、
特別な地域でした。

今回も、このあたりを訪れる予定は特になかったのですが、
南下するにはこのあたりが通過しやすかったので行くことにしました。

クロアチアに入ったときから
(ウェブで見られる情報がほとんどですが)このあたりのことを少し勉強しなくちゃ、
と調べるようになり、ほんの少しだけわかってきた(気がした)のですが、

やっぱり基本は無知なので
サラエヴォは怖いんじゃないかとばかり思っていました。

*********************************************************************************************

イメージすっごく変わったよ!!!

P8223638.jpg
チェバプチチという食べ物(ケバブにちょろっと似てるかな?)がメジャーなこの国ですが、
食堂もあるよ。
銀色の器がちょっとアジアに戻ってきた感じでイイね♪

これはたまねぎの肉詰めと、お兄さんが毎朝食べるというスープ。と、パン。
おいしいよ♪

P8223644.jpg
ごはんを食べていたら、YUKOが窓の外からじっと中のメニューをのぞいているのに気付きました。
サラエヴォ、せまーい!
(プリトヴィツェに行きたくなった私はうさぎとかめみたいにYUKOより一日遅れてサラエヴォに着いたのです)
これから別の町に行く彼女は、食堂ごはんを一口食べて、リュックを背負ってまた歩いていきました♪
これはおかわりで頼んだ鶏肉と野菜のスープ。

ヘルシーでおいしい!

P8223645.jpg
もうひとつおかわりしたいなーと思って見ていたらお兄さんがこちらを推してきました。
どうして肉詰めばかりすすめるかな!!
パプリカの肉詰め。おいしいよ!!

P8223656.jpg
町を歩いていたらご夫婦に呼び止められて写真を撮るよう要求される。
インド以来ですよ!!
住所までご丁寧に教えてくれました。

(写真送って、って言ってた。)←えええ!

P8223663.jpg
ちょっと足を延ばしてトラムとバスで1時間半くらいのところへ行ってみました。
Vrelo Bosnaという公園かな?
これはバス停から公園まで1キロくらい歩くのだけど、その道端にあるぶどうの木。
ぶどうがいっぱい転がってて、巨峰みたいないい色で、おいしそう!

公園はしっかり管理されています。
地雷がまだまだ残っているので管理された地域にしか入らないようにしたほうがいいそうです。

こんなに美しい自然があるんですね。ボスニア。
P8223672.jpg

P8223677.jpg
おれんちに寄って行け!としきりに誘ってくれるおじさん。
バスまで時間ないので無理です。ごめんね。

P8223684.jpg
これは道路標識なんだけど、
サラエヴォ中心部からけっこう離れてしまったからかバス停ってのがしっかりありません。

大きなぶどうの木の下で待っている人がいたり、

何もない道路の端っこに人が待っていたり。

私はおりるときドライバーさんにここで1時間後に!て約束したので無事乗れました。
(教会の前だったしわりとバス停っぽかった。)

P8233690.jpg
午後はカフェに行ってみました。
サラエヴォは、とにかくカフェ、カフェ、カフェ。
ものすごい数のカフェです。
ていうか旧市街は、お土産やさんとカフェしかない、ってくらい。

このテーブルの上の新聞みたいなの、

これメニュー。

可愛い~~♪

P8233696.jpg
ボスニアンコーヒー。100円くらい。(ボスニアの物価、いいです!!)
コーヒー粉を濾さずに出すので下のほうはどろどろの粉が残ってます。
P8233698.jpg
この大きな角砂糖をコーヒーに半分つけて、半分かじるんだよと教わり、
その通りやってみます。

おいしい!

写真撮り忘れたけど、Rahatlookというくるみだんごみたいな付け合せも出てきます。
(トルココーヒーと同じ、と聞いたのでトルコがまた楽しみです)

P8233699.jpg
カフェのキッチン。

P8233701.jpg
カフェのお姉さん。

P8233702.jpg
コーヒー飲んだ帰りなのに、タバコ屋さんのおじさんに引き止められて、

P8233705.jpg
再びボスニアンコーヒー。
電話一本でカフェから届きました。おじさん、可愛がってくれてありがとう。
りんごもガムもくれたよ。

P8233710.jpg
こんなステキな町ですが、
第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件が起きた現場そばの橋。

P8233729.jpg
歩いているとどこにでも、銃弾の痕が残る建物がたくさんたくさん建っています。
つい、15年前のことです。
私だってサラエヴォが紛争していたときのニュースを覚えています。

P8233737.jpg
これは、サラエヴォ郊外にあるトンネル博物館。
トラムの終点まで行ってバスに乗り換えます。

チケット売り場で行き先を伝えたらお兄さんが(Vrelo Bosneのときも同じお兄さんでした)
乗り場と降車場の名前を書いてくれました。

乗り場では大注目を浴びて、
まわりの人がみんな私のメモを回し読み。

バスが来たら運転手さんとそのほかの乗客に、
「この子トンネル博物館!」て感じでしきりにおじさんとおばさんが繰り返してくれます。

おかげで迷わず目的のバス停で降りられて、
そこから10分弱歩くのだけど、
そこでも自転車に乗ったこどもがなぜか先導してくれました。

ありがとう!

P8233744.jpg
セルビア軍だったかな?に包囲されて陸の孤島となったサラエヴォに物資を運ぶための貴重なトンネル。

P8233752.jpg
この家の地下から掘り始めたんだそうです。

P8233754.jpg
歩いてたらおばあちゃんにほっぺと頭を撫でられた。

P8233756.jpg
この家の隣は、
P8233757.jpg
こんなです。廃墟になっています。


悲しい歴史を刻んでしまったけれど、その傷はきっと癒えないだろうけど、
戦争を知らない私がふと訪れてもこういう場を見ると悲しくて涙が出そうになってしまう。


きっとそれは
その時代を知っているおじいちゃんもおばあちゃんも、
そうじゃない子どもたちも、
たった数日だけどサラエヴォの人たちが私にとってとても親切で温かかったから余計に
そう感じてしまうんだろうな。

たくさんのサラエヴォの人たちに
「美しいところだろう」
「ボスニアが好きかい?ここは本当にいいところだよ」
とにっこり言われました。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

振り返り日記。~8月21日の強硬スケジュール~

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-25 Wed 01:08:47
  • CROATIA
元気です。in モンテネグロ。

数日分の振り返り日記です。

もともと、行きたいところがありすぎて出発前から(出発してからも)全然細かなルートを組めていなかった私。
あっちへ行ったりこっちへ行ったり、無駄な経路もけっこうあって、
計画性のなさがルートに出てしまっています。

今回も、ドイツ~チェコ~オーストリア~スイスと流れておいて、クロアチアも行きたいということで
飛行機を取ったのですが、
ドブロブニクだけ行ったのでは物足りなくなってしまって、せっかく南下したのに再び北上しましたね。

スプリトで満足したかったのだけど、結局(YUKOはすでに訪れた)プリトヴィツェ湖群国立公園も捨てきれず。

よくばり~

でもでも、9月に待ち合わせがあるので南下を続けなければいけません。

で、私が取った行動は、
多分私の中では史上初のかなりの強硬スケジュール。

●8時半発12:50着予定の
スプリト→プリトヴィツェ湖群国立公園:バスで4時間半。(結局5時間以上かかりました)

●到着後、大きな荷物をホテルに預けて猛ダッシュで公園内を散策。
4~6時間コース、みたいなのと6~8時間コース、みたいなのがあって、
バスの到着が遅れてしまったしホテルに預けるのにも予想外の手間がかかって時間がなくなってしまったので
4~6時間コースを取るつもりでした。

が、園内を走るバスに乗ったら、4~6時間コースのスタート地点に停車せず、
6~8時間コースのスタート地点に到着してしまいました。

つ・ま・り。
本気ダッシュです。
だって、
その時点ですでに14時。
6~8時間コースってことは、ダッシュで周って20時までかかっちゃう計算ですね。
だけど、私が乗りたかったバスは、17:50発。(ザグレブ行きの最終バス。)
荷物を受け取ることを考えると3時間半しかありません。

・・・

無理じゃないか?

バスで会った若者(20歳!!)のRYOHEIくんも苦笑い。
彼も彼で今夜の宿も取っていないしプリトヴィツェに泊まるつもりもないとか。←でもあんまり焦ってない。

すっごくすっごく美しい緑と湖がある公園なのに、
なぜか私たちは相当早歩き。

P8213542.jpg

いい感じでコースを進んで、
いけるかなと思ったら。

これです。
P8213569.jpg


ボートに乗らないと対岸に行けないのだけど、
ボートに乗りたい人たちがこーんなにいっぱい。

困ったね。

50分くらいひたすら並んでやっと対岸へ。
ん~。
無理だね。バス。
あきらめるしかないね。

今夜どうしよう!!

と不安を抱きつつ、もう歩くしかないので、バスもないことだし、

ゆっくり見始めました。

きれいだなあ。

木漏れ日が気持ちよすぎて、感激し続ける。

最後、荷物を預けたところまで2キロあるということでまた園内のバスを利用できるはずでしたが、
行列になっていた(し、もう乗りたいバスはないので途方に暮れていた私たちはあきらめていた)ので
2キロ歩いてみました。

ん~きもちいい。

園内のシャトルバス2台に追い越され、
入り口に戻ってきました。

途方に暮れつつインフォでもう一回聞いてみると、
あれ、さっきホテルの人に聞いた終バスは17:50だったのに、
インフォでは18:40が最終と教えられる。

いけるじゃーんザグレブ♪
いぇい♪時計を見る。なにげなく。

18:34.

・・・

あれ!
時間ないね!!!!
まだ荷物とってないしバス停ちょっと遠いし!!

突然ラストスパートが始まって、
RYOHEIくんもザグレブ行きを決めたらしく、謎に二人で公園内を走り始めます。

息を切らして荷物を受け取り、(ホテルのフロントの人に笑われる)
20キロの荷物をがらがらひきながらリュックもしょいながら、教えられた道をひたすら走る!!!!

大型バスが一台いたので、
必死に手を振って止めます。
待ってー!待って!乗せてー!

私「これザグレブ行き?!」
運転手さん「これ、ポーランドからのツアー。ポーランドに帰ります。」乗客みんなに笑われる。
関係ないのに止まってくれてありがとう。

息をきらしてたら、バス停を発見できて、
そしてその瞬間向こうからぶおおおおお、とバスがやってきました。

汗だくの私たち、
何とかバスに乗れました!!

しかも、7~8人同時に乗車して、バスの中で運賃はらってね、ぼくが席まで行くから、と
運賃係りのお兄さんに言われたんだけど
最後までまわってこなかったので無賃乗車になっちゃいました♪

ありがとう!


ちょうど21時に無事ザグレブに着いて、

そして、

22時発のサラエヴォまでの夜行バス。
8時間の予定です。

ぐうすか寝てやる!!





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

長距離移動。

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-23 Mon 00:51:39
  • CROATIA
昨日のプランはちょっと弾丸過ぎました。

疲れたー!

またあとで書きますが、

昨日の24時間(朝8時半から翌朝8時半まで)のうち、バスに乗っていた時間、

う~ん…

17時間!

足し算するとこんなになってしまったよ~。

今は、無事サラエヴォに着いてのんびりしています。
元気にのんびりしています!
サラエヴォ、意外と悪くない!
先入観でちょっとびくびくしていましたが、楽しいかもしれない

夜ご飯楽しみだな~♪

※もちろん十分注意します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

貧乏でも。夏でも。

  • Posted by: KANA
  • 2010-08-21 Sat 14:16:37
  • CROATIA
P8183230.jpg
Lastovoの宿でAnicaおばちゃんが作ってくれたサラダ。初日はトマトときゅうり。めっちゃシンプル。
おいしいー♪

P8193310.jpg
二日目はトマトいちおしサラダ。シンプルだけどやっぱりおいしい。

P8193320.jpg
Splitに着いてアイスを食べて周る。ん~さっぱりレモン味はいい。

P8193337.jpg
お昼ごはんは、宿のおねえさんおすすめのお店に行ってみました。
絵葉書を書きながらごはんを待ちます。

P8193339.jpg
煮込みにもう少し時間がかかる、と腹ペコの私たちにサービスしてくれたおじちゃん。
ありがとー

P8193340.jpg
アンチョビ。

P8193341.jpg
きたー!魚介のトマト煮込み♪久しぶりのしっかりおさかな。P8193352.jpg
おなかいっぱいに食べたので、街歩き。ボタン屋さんを発見して二人で大喜び。
カラフルなボタンは(お裁縫できませんが)つい買っちゃいます!

P8203383.jpg
YUKO絶賛のこのケーキ屋さん、本当においしい!
私も買いました。



いつでもどこでも元気にもりもり食べられるのはしあわせだー。
安くておいしいものがあるもんね



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Index of all entries

Home > 2010年08月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。