Home > 2010年06月06日

2010年06月06日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

インドの民家でまさかの出来事。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-06 Sun 19:08:37
  • INDIA
インドでおなかを壊すことを懸念しまくっていましたが、
しばらく大丈夫だったので、インドに勝った気分になってしまいました。

でも、そんなに甘くはありませんでした。
しっかりおなかを壊してしまい、ちょっと体調が悪めになっちゃった。
悔しい。。。

粉末ポカリ、2袋目登場です。

暑さのせいかおなかを壊してるせいか全然食欲がなくてまいっちゃう。

でも、二晩くらいたって、とりあえずおなかのくだりはましになりました。
(抗生剤さまさまです)

昨日はガンジス川の対岸へボートで渡りました。
川の向こうは不浄とされている、っていうから、
何にもないのかと思ったら意外と普通に村があって、
昔のお城にも入ってきました。

インド人は15ルピー、
外国人観光客は150ルピー、というまさかの入場料10倍に驚いて、
「インド人なんですけど」って言ってみましたがだめでした。
一緒にいたカナダ人の男性は「ぼくはインド人とのハーフなんだ」って
頑張ってましたがそれもだめだったみたい。

外国人にはきっちり10倍払わせるつもりのインド。
まいっちゃう。
10倍払ったっていうのがあるからなんだけど、たいしたことなかったです。
博物館と呼ばれるその建物の中にはめっちゃほこりかぶった古い銃とか車とか
置いてありましたが、もう少し管理頑張って欲しい。
10倍払ってるんだから(しつこい)。

お城の中には大量のコウモリがいたのに驚きました。

で、ボートから降りるときと乗るとき、対岸にはボートをつけるところがなくて、
仕方なく仕方なく、ガンジス川に足を漬けることになりました。
病気になりませんように…。

それから頭が痛かったり肩が痛かったりしたのでマッサージを探すことに。
一軒目は今の今まで裸のおじさんが汗だくで寝てたベッドに、
「さあここに寝て!」と言われたので断り。
二軒目はわりと?きれいめな床屋さんに「アーユルベーダ」って書いてあったから
入ってみたら、ひとしきり何人かのひげそりを見た後に
おばちゃんに民家に連れて行かれました。

民家は、今まで通ってきたうんちロードよりもかなり奥まったシビアなうんちロードを通って、
裸で寝ている人たちをまたいで、
階段を上がってその先にあった8畳くらいしかなさそうなコンクリートのおうち。
幼い子どもがコンクリートの上で二人寝てて、
まさかのそこでマッサージを受けることになりました。

裸になれ、っていうおばちゃんの言うことを泣く泣く聞いて、
すごい汚そうな布団の上に下着だけで寝ることに。
肝心のマッサージは、ひたすら力強く撫でられたり握られたりするだけで、
ちょっといまいちリラックスできなかったです。

でも、まあ二度としないような貴重な体験はできたなーと思います。

ああインド人、日本語を覚えて話しかけてくるのをどうかやめてほしい。
もう、日本人かと聞かれてもインド人、って答えて何とかしのいでます。
さわやかなインド人、一人くらいいないのかしら。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Index of all entries

Home > 2010年06月06日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。