Home > INDIA Archive

INDIA Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

空港で一夜を明かす。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-24 Thu 10:27:27
  • INDIA
カトマンズからデリーへ戻る。

…思い出した~!!!暑いのでした。
機内放送で43℃と聞いて、気合を入れて外に出てみます。


完敗です。
やっぱり汗が噴出しちゃいます。
50℃近くなかっただけラッキーだったかな。

さて、今日はどうしてもメインバザールへ行く用事がありました。
P5290136blog.jpg
↑ここですね、メインバザール。思い出しても妄想ほこりで鼻がつまりそうになります。

世界一周を始めた初日、がらがらバックパックでデリーへ到着してショックを激しく受けた私は、

こんなところで電車の旅なんて無理~~!!!と、
甘えて飛行機を予約したのです。

が、、意外と電車の旅が悪くないことにアーグラーへの道のりで気付き、
デリー→バラナシ間をキャンセルすることに。
もちろんキャンセル料がかかることはわかっていたけれど、
それでも多少は手元に返ってくるはず。
ということで電車の乗車券手配料をずいぶん多くふんだくったおじさんにアーグラーから電話すると
『キャンセル料が高すぎてほとんど返せない』
とのこと。
悔しいのでこちらも航空会社に手数料を確認したら、やっぱりけっこう手元に戻るはずじゃないか!!!
おじさんと交渉しまくって、何とかお金を返いてもらう方向に話をもっていくことができました。

そう。今日はおじさんとの決戦の日@メインバザール。

************************************************************************************************
デリーに着いて空港で手荷物預かり所を探しましたが、デリーにはないみたい。
(不便!)
だからといって15キロ以上ある荷物を持ってメインバザールはもう無理です。

困りに困って、ビジターズラウンジというところの係員に預かって欲しいと懇願しますが断られ、
もっと困って、ラウンジにいた日本人らしき人にそうっと声をかけます。
※ビジターズラウンジ:トランジットではないフライトを待つ客が空港内で過ごせる待合室的なものでした。
ちょっとだけお金取られますがエアコン効いてるのでまずまず快適。

(…韓国人でした。)

声をかけてしまったので一応事情を話しました。
すると彼は結局、私たちの荷物を約2時間もの間、見ていてくれたのです。

ありがとう~!!
唐突に見知らぬ相手にこんなことを頼んでしまい、本当に申し訳なかったです。

大反省…。

おかげで私たちはメインバザールに乗り込み、おじさんからお金を(あっさり)返してもらいました。

いぇ~~~!!100ドルいぇい!!!
*********************************************************************
メインバザールは再び訪れても壊れすぎでした。
前より壊れてて、途中からはほこりで真っ暗すぎて、
その先の町は本気で消えてしまったんじゃないかと思ったくらいでした。
(が、ほこりの道を気合で抜けていくとちゃんと町は続いていました。)
アスベスト…吸ったかな!吸ったよね!
*********************************************************************

帰りのタクシーでは私たちにドライバーを紹介しようとした怪しい男に痴漢され、
はり倒してしまいたい気持ちになりました。

今でもはり倒してやりたいですっ。

そんな気持ちを抑えて何とか空港へ戻り、韓国の優しい優しい彼に全身全霊でお礼を伝え、
あとは一晩ここで過ごすだけとなりました。

床に直接寝る人たちを眺めたり、
セキュリティガードの女の人たちと仲良くなってみたり、
トイレの中にある決して清潔とはいえないシャワールームでシャワーを浴びたり、
小腹がすいてスタンドを物色しつつバーゲニングしまくってたら
「笑顔がいいね!」なあんて言われてただで焼きそばみたいなのもらっちゃったり、
(嬉しすぎます!ただ焼きそば!うふふのふ~です♪)
楽しく過ごしました。

でも限界…。
明るくなっちゃいました。

おはよーデリー。
おやすみデリー。

こんにちは…ヘルシンキ♪

免税店、少しはウキウキさせてよねん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

またねインド!!

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-10 Thu 00:33:47
  • INDIA
バラナシの町はメインロードの脇に細い細い路地がたくさんあって、
何度も歩いた場所でなければすぐ迷子になりそうになってしまいます。
(でもそこらへんの人に聞けばすぐ教えてくれるから心配なし♪)

P6080400blog.jpg
今泊まっている宿の目の前の道はこんな感じで、さらに奥へ奥へと続きます。
ここしばらく、暑さとインド人のうっとうしさにカメラを取り出すこともほとんどなかった日々だったのですが、
珍しく写真を撮って歩いていると、後ろからぐいっと腕をつかまれておばちゃんやおじちゃんに
「私たちを撮って!」と頼まれます。
こういうときポラロイドがあったらちょっと面白かったかもね。
P6080404blog.jpg


ほとんど毎日のように飲むチャイは、
P6080436blog.jpg
こんな感じの台車に乗っていたりして、
P6080432blog.jpg
こんな感じの炭火でアツアツに温められて、
P6080466blog.jpg
ここのチャイ屋さんは違ったけど、こんな感じの器で飲むところが多いです。
そしてこの器は使い捨てで、飲み終わったらそのまま道路に投げ捨てます。
(もったいない!けど投げるの楽しい!)


P6080425blog.jpg
古びた石鹸を売ってくれたおばあちゃん。入れ歯が入ってないのでもっごもごです。

P6080447blog.jpg
こちらはタバコをバナナの葉っぱに巻いて売っているおじさんの店。

P6080448blog.jpg
と、その下で夕涼みをする野良わんこ。

にほんのごはん(かつ丼!とYUKOは豚キムチチャーハン)を食べて嬉しくてたまらない私たち。
P6080410blog.jpg


そして今日は、サールナートという、インドでは珍しい仏教の寺院へ。

IMG_5815blog.jpg

…。
今度は20倍か!!!!も~~~~。
「私インド人なんですけど。ずっと外国で育ったからヒンドゥー語はちょっと弱いけど。ねえパパ?」
と、リクシャーのセクハラドライバーを突き出して言ってみたけど、だめでした。
なんだよー。ぶー。
20倍楽しむぞ!!!と気合を入れて入場。

ん~。案内がほとんどなくてよくわからない…。

ここはとにかく、ブッダが初めて説法を説いたと言われている場所。
ほほーう、と感心してみる。

IMG_5822blog.jpg
やっぱりこんなところにはゴミ箱もあるんだね!!!すごい画期的だね!!!
(こっちにもっと感心してしまった。)


…なんて優雅に場内を見てると、
木にへばりつくカメレオン?ゲッコー?とかげ(大)?
P6090473blog.jpg


と、いつの間にか敷地の外から網にへばりつくインド人。
いわゆる「ガン見」してくるから、ガン見返ししたけど負けました。
P6090486blog.jpg


まだついてきます。
P6090490blog.jpg


しつこい。
P6090488blog.jpg


行きも帰りも、私たちが乗っているリクシャーにインド人ががつがつ相乗りしてきます。
警察官はただ乗りしますが、女性は時々3ルピーくらい払います。
相当値切りまくって、何人ものリクシャードライバーと交渉して、
やっと往復180ルピーになったのに、払うのがばかばかしくなるくらいです。

観光客価格が浸透しているインド。
まあ、町の人の生活を見ているとそうでもしないと生きていけないのかもな、とは思うのですが
インド人にぼったくられるために働いてたわけじゃないので複雑っちゃ複雑です。
まあそんなに多額にぼったくられてるわけじゃないからそんなに嫌な思いはしていませんが。

明日の今頃は別の国~~。嬉しいな~。
もう一回デリーに戻らないといけないと思うと面倒だけど、
明日はついに、

SEE YOU INDIA!!HELLO NEPAL!!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

インドでゆっくり過ごしてみて。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-08 Tue 19:54:24
  • INDIA
昨日、ANNAPURNAに「ヘナ、やってあげようか」、と言われて
もともとやるつもりは全くなかったのでちょっと返事に困っていたところ
彼女はいつの間にかヘナをどこかから持ってきて準備していました。
じゃあもういっか!と思い切って腕を差し出した私でしたが、

本当にちゃんと消えるかな。

不安が膨らみます。むくむく。どきどき。
今日別のインド人に、
「完全に天然のヘナだと2ヶ月くらい持つよー!それはケミも入ってるから1-2週間だろうね!」
と言われて、消えますようにともう一度祈りました。

ANNAPURNAと10時に寺院で待ち合わせて、
彼女がお昼ご飯を作ってくれました♪
寺院の入り口で荷物を預けなければならないので写真は撮れませんでしたが、
限られた水と限られた資源を上手に使ってごはんを作ります。
家の中は、私たちの隙を見計らってねずみが何匹もちょろちょろ走り回っていました。
(こっそり走ってるつもりかもしれないけどばっちり見えてます。)

彼女にプレゼントするピアスを探していたとき、
茶色い木のデザインのピアスが可愛かったので
「この色のピアスもっとないの?」と聞いたら、出ているだけだよ、とおじさん。
そしたら横から関係ないインド人が、
「ぼくの店にはこれと同じ茶色のデザインもっとたくさんすごいたくさんあるよ!!!」
「ぼくはもっと安くするよ、一個15ルピー20ルピーだよ!!!」
「ここから2minだよ!!!」
としつこいので、

「本当だな?15ルピーで茶色の木のデザインなんだな?本当に歩いて二分だな?」
とちょっと強気で聞いたら自信満々に頷く彼。

彼の店到着。

…。

全然二分じゃないし、全然茶色くないし、全然可愛くないピアスがほんのちょっとしかない。

私「うそつきー!遠くまで歩いたのにー!茶色くない!違うー!(日本語)」
インド人「これ茶色ね?(金色を差し出す)あとバンダナとかスカーフとかズボンもあるよ?(おどおど)」
私「茶色じゃないー!それはゴールドー!ピアスしかいらないー!(日本語)」
インド人「チャイ?飲む?(おどおど)」
私「うん。飲む。ただで飲む。(日本語&強気)」

結局彼が茶色だと言って差し出したゴールドのピアスにまったく興味をしめさずつれない対応をしたら
彼は気を遣ってチャイをごちそうしてくれました。

おいしかったー♪
(結局そのインド人からは何も買わず。)



また、
アイスをスタンドでじいちゃんから買うとなぜかすでに全部開封済みで、
きっとアイスが売れたことににんまりしながらスポッと袋からアイスを出すじいちゃん。
「開いてないのないの?」と聞いてもまた
にんまりしながらスポッと開封済みのアイスを出すじいちゃん。
もうわかったよ、と開封済みのアイスを受け取って食べてると虫が入ってたりして。

インドは何でもありだってことがわかってきました。
それも含めて楽しい。けど、ずーっといるのはしんどいかもしれない。
(基本は中途半端な潔癖症なので。)

次の次の国が楽しみです。
うっふっふ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

うんちロードでまさかの裸足。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-07 Mon 22:02:41
  • INDIA
P6050382blog.jpg
一昨日、インドの民家でほぼ裸んぼになってマッサージ(?)を受けたばかりですが、
(その後下着を洗濯したらかなり黒い汁が出ました…ひょう!!)
本日は、牛も犬もねずみもゴキブリも、そしてインド人もが歩き回りまくるうんちロードを
まさかの裸足で歩くことになりました。
ここバラナシにある有名な寺院に入ろうと向かったところ、入り口近くで靴を脱ぐように言われたのです。
みんな従っているのでかなり抵抗がありましたが、
勇気を出していざ裸足に!!!!

ざらざらしてるし熱いしたまに濡れてるし、つらい~~~~~!!!!
たまたま、寺院入り口の道路にはフレッシュうんちはなかったものの、

いつも裸足で乾いたうんちの上を歩いている人たちが歩いている道を歩く私。
間接的にばっちりうんちを足につけてます。
ん~。

貴重なケイケン…。

寺院の中に入るには、外国人観光客であってもヒンドゥー教徒である必要があるそうです。
入り口で、
「ヒンドゥー教を信じているか」と聞かれたら「信じている」と答えればいい、と教わったので
(そんなえせ教徒でいいのかな。ちょっと後ろめたかったけれどやってしまいました。)
教わった通りの方法で入りました。

中を一通り見た後、昨日YUKOが友達になったという少女と出会えました。
彼女は多分、シヴァ神をまつるこの寺院の何かしら直系の一家の娘なんだと思います。
唯一その一家だけが寺院の中で生活をしていて、男性は寺院外へ出られますが女性は基本的には出てはいけないそうです。
彼女の名前はANNAPURNA。学校ではPRIYANKAと別の名前を使っているんだそう。
20歳のきれいな女の子で、とっても優しい笑顔を見せてくれました。

IMG_5809blog.jpg
IMG_5808blog.jpg
彼女に描いてもらったヘナ。
インドの女性は天然の染料を使って手足にこのような複雑なデザインを描きます。
初めて外国人がヘナを手にやっているのを見たときは
「何て大きなタトゥーを手に描いちゃうんだろう!」とびっくりしたのですが、
それがヘナだと分かり、タトゥーと違って2-3週間で消えるものと聞いてちょっと安心。
それでも心配性の私はあんまりやるつもりはなかったのだけれど、
ANNAPURNAがやってくれるというので嬉しげに手を差し出したのでした♪

ついでに(右手だけに)マニキュアも塗ってくれたANNAPURNA。
明日一緒に寺院でお昼ご飯を食べよう、と言ってくれました。
外へは出られないANNAPURNA。
YUKOと友達になれて本当に嬉しそうでした。
私も明日はヘナのお礼に何かプレゼントできたらいいな。

そして今日のごちそうは、
TROPICANA100%オレンジジュース!!!!
1リットル約170円もして、けっこう高いんだな。
ごはんを全然食べられなくてちょっと体がこけてきている感じがあったので、
これで体力回復しよー♪んまんま。

毎日汗のかきすぎだからか、インドに来てから肌荒れ著明です。
おでこと目の周りと首周りにあせもみたいなのが広がっていて、治りません。
あせもを治すためにはどうしたらいいでしょう。
誰か知っていたら教えてください…
もういい年なのにこんな肌荒れ。
どうしよう。
お嫁にいけません。

P6050338blog.jpg
P6050339blog.jpg
ガンジス川でボートを漕いでみました。操縦は意外と簡単でした♪いぇい。
P6050352blog.jpg
こうもりがいっぱいの古城。
P6050348blog.jpg
古城にいたおじいさん。おでこにぽっちをつけてくれる。(お金も要求されますが)
P6040293blog.jpg
青空床屋。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

インドの民家でまさかの出来事。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-06 Sun 19:08:37
  • INDIA
インドでおなかを壊すことを懸念しまくっていましたが、
しばらく大丈夫だったので、インドに勝った気分になってしまいました。

でも、そんなに甘くはありませんでした。
しっかりおなかを壊してしまい、ちょっと体調が悪めになっちゃった。
悔しい。。。

粉末ポカリ、2袋目登場です。

暑さのせいかおなかを壊してるせいか全然食欲がなくてまいっちゃう。

でも、二晩くらいたって、とりあえずおなかのくだりはましになりました。
(抗生剤さまさまです)

昨日はガンジス川の対岸へボートで渡りました。
川の向こうは不浄とされている、っていうから、
何にもないのかと思ったら意外と普通に村があって、
昔のお城にも入ってきました。

インド人は15ルピー、
外国人観光客は150ルピー、というまさかの入場料10倍に驚いて、
「インド人なんですけど」って言ってみましたがだめでした。
一緒にいたカナダ人の男性は「ぼくはインド人とのハーフなんだ」って
頑張ってましたがそれもだめだったみたい。

外国人にはきっちり10倍払わせるつもりのインド。
まいっちゃう。
10倍払ったっていうのがあるからなんだけど、たいしたことなかったです。
博物館と呼ばれるその建物の中にはめっちゃほこりかぶった古い銃とか車とか
置いてありましたが、もう少し管理頑張って欲しい。
10倍払ってるんだから(しつこい)。

お城の中には大量のコウモリがいたのに驚きました。

で、ボートから降りるときと乗るとき、対岸にはボートをつけるところがなくて、
仕方なく仕方なく、ガンジス川に足を漬けることになりました。
病気になりませんように…。

それから頭が痛かったり肩が痛かったりしたのでマッサージを探すことに。
一軒目は今の今まで裸のおじさんが汗だくで寝てたベッドに、
「さあここに寝て!」と言われたので断り。
二軒目はわりと?きれいめな床屋さんに「アーユルベーダ」って書いてあったから
入ってみたら、ひとしきり何人かのひげそりを見た後に
おばちゃんに民家に連れて行かれました。

民家は、今まで通ってきたうんちロードよりもかなり奥まったシビアなうんちロードを通って、
裸で寝ている人たちをまたいで、
階段を上がってその先にあった8畳くらいしかなさそうなコンクリートのおうち。
幼い子どもがコンクリートの上で二人寝てて、
まさかのそこでマッサージを受けることになりました。

裸になれ、っていうおばちゃんの言うことを泣く泣く聞いて、
すごい汚そうな布団の上に下着だけで寝ることに。
肝心のマッサージは、ひたすら力強く撫でられたり握られたりするだけで、
ちょっといまいちリラックスできなかったです。

でも、まあ二度としないような貴重な体験はできたなーと思います。

ああインド人、日本語を覚えて話しかけてくるのをどうかやめてほしい。
もう、日本人かと聞かれてもインド人、って答えて何とかしのいでます。
さわやかなインド人、一人くらいいないのかしら。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

デリーでの経験が活きました。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-04 Fri 22:15:34
  • INDIA
汚すぎるデリーのメインバザールというところで生活したおかげで、
バラナシへ来てくさくてもうんち落ちていても全然大丈夫。

なんとも思わなくなったたくましい自分にちょっと笑ってしまいます。
女の子なんだから少しは女の子らしく…と思うのだけど、
セクハラインド人に対抗すべく、強くなるしかありません。

そしてほこりが空中を舞ってるのが見えるインドでは、
本当にハナゲさまさまです。

おかげで病気にならずに済んでいるのかも。
できるだけ鼻呼吸~~~♪


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

V.I.Pとインドのインタビュー。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-03 Thu 21:17:37
  • INDIA
今日も元気です。(今日も暑いです。)
アーグラー滞在5日目にして、やっとやっとの早起き成功!
早朝6時にタージマハルに入場しましたー♪
まだ太陽も昇りきってないから暑すぎず、ちょっと汗ばむくらいで気持ち良かったです。
5時台に町を歩くと、町の人がずいぶん早起きであることがわかりました。
シャッターの前でただ座って笑ってるおじさん。
(握手を求められましたがごめんなさい。)
小学校の時に校庭の枯れ葉集めに使ったような三輪車で道路のゴミを黙々と片付けるおじさん。
(インドにもゴミ収集?があって彼らなりにけっこう頑張って掃除してることがわかりました。)
もう毎日暑くてぐったりんこな犬たち。
(でもいつ凶暴になるかわからないと思ってとっても警戒中。)
野良牛のおしっこが飛んでこないように適度な距離を保ちつつ。
いざ!!!!


すると入場チケット売り場に貼り紙があり、
『今日はV.I.Pが来るので7時45分から9時45分(か、V.I.Pが帰るまで)閉門します』
と書いてあります。

早起きして良かったー♪
2時間弱あれば一応一通り見られるだろうと思って二人でうきうき入場。

P6030241blog.jpg
みんながやってるので、真似しててっぺんつかむような格好をしてみました。
(観光してたおじさんに頼んだら快くシャッター押してくれたんだけど、残念ながらてっぺんつかむことはできませんでした。)

P6030253blog.jpg
写真撮るときのインド人の若者の真似して片ひざも立ててみました。
(こちらの方も快く撮ってくれましたがタージマハルがどっかいっちゃいました。)

P6030257blog.jpg
清掃員のおじさんにカメラを取られて言われた通りにつかんでみました。

P6030249blog.jpg
なぜだかインドの民族衣装着た女性たち全員(10人近く)と握手を交わすことになったり。
(女性にまぎれて男性が一人入りました。誰だ?笑)

P6030263blog.jpg
なぜだかインドの旅行者の記念写真に一緒に入ることになったり。
(帰り際に、早くもプリントした写真を見せてもらいました。)

よくわかんないけど楽しいーーー♪

7時45分までだと思っていたのに、
7時15分くらいには銃を持った兵隊さんたちにピーピー笛を吹かれて追い出されました。
そんなに怖い顔して追い出さなくてもいいじゃない。いけずだ。

タージマハルの周りをぐるっと回りたかったけど、兵隊さんに気圧されて回れず。
でも、遠くから見たほうがきれいだなー。だから一周できなかったのはまあいっか。

いい加減なインド人たち(ステレオタイプで申し訳ないけれど
今まで会った人たち大半がそうだったんだもん)を時間でせかすことができるなんて
いったいどんなV.I.Pが来るんだろう。


さて。
一昨日くらいにバラナシ行きのチケットが取れたと行っていたおじさんに、
そろそろチケットを渡してよ、と詰め寄ったら実はチケットは取れていなかったことが判明。
まったくもー。いい加減なんだから。
全額きっちり返してもらい、
バラナシをあきらめて今夜、夜行列車でバラナシ近くのアラハバードという町に行くことにしました。
バラナシまではそこからローカル電車かバスで2時間くらいだそうです。
無事にたどり着けますように。

************************************************************************************************
その後まさかのインドのテレビのインタビューを受けました。
ピンマイクをつけられて宿の屋上で、
『暑すぎるアーグラーについてどう思うか』
を答えた後に、ミネラルウォーターを顔に撒いてプハーッとやれ。
との要求。
何か一生懸命だったので指示通り二人で顔に水を撒いてみました。
私、インドで何やってるんだろう。
むちゃくちゃだけど、楽しいー♪

地元の人にも言われるくらいムダに長くこの町にいたおかげで
いいこともけっこうありました。


IMG_5736blog.jpg
10円で屋台でチャイを飲んだり。たまに顔なじみのおじさんがチャイをごちそうしてくれたり。
水牛にはねられそうになったらぐいっと引っ張っておじさんが助けてくれたり。
IMG_5744blog.jpg
IMG_5750blog.jpg
こどもたちとひたすら仲良く遊んでたり。
(まさかの4歳半の男の子に妖艶な腰つきのセクシーダンスを見せられて衝撃を受けました。)

楽しいなー♪
アーグラーで暇すぎてブログばかり書いていますが、
自分でもうすうす感じてましたが、書きすぎですね。
ブログを書きに旅にでたわけじゃないことはわかってるつもりです。
移動したらちゃんと旅、します!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

足止めを食らった結果。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-02 Wed 23:07:20
  • INDIA
朝早く起きてもすることがなかったので、
近所でやってた水牛の解体をしばし眺めたり(たかってるハエの数が多すぎます)
毎日朝ごはんを食べるところでおじさんとしばし会話を楽しんだりしてました。
おじさんは、テラスじゃ暑いからと家の中に招き入れてくれて
(インドの家庭に初訪問です!)
昨日の双子ときれいな奥様と一緒に過ごしました。
IMG_5710blog.jpg


奥さんのサリーみたいな衣装を試着させてもらったり
子どもたちとキャッチボールをしたり、
奥さんが手動のミシンをくるくる回して何か縫ってるのをじーっとのぞいたり
楽しかったー♪
最後にはバングルをくれました♪かわいいー。
こんな両手にたくさん頂いてしまっていいのかな。
P6020229blog.jpg


それでも暇だったので、おじさんに教えてもらって
ショッピングモールに行きました☆

閑散としててエアコンも弱めだし店も暗いけど、
でも確かに近代的な建物の中にわりときれいな洋服とか布団とか売ってて
入り口ではセキュリティチェックまであるんです。
こんな建物の周辺だからだろうけど、
初めてインドで子どもたちに「MONEY MONEY」と洋服を引っ張られまくりました。

アーグラーでどうにもすることを見つけられず、
ついにインドで映画を見てしまいました。

ヒンドゥー語と英語とスペイン語が混ざったごちゃごちゃな言語の映画だったけど
ストーリーがわかりやすすぎて(途中で居眠りはしましたが)かなり楽しめました。
240円の映画代、元は取れたな。うふふ。

それにしても、やっぱり早くバラナシへ移動したい。
移動でこんなに困るとは予想外でした。インド。
今夜もおじさんのおうちでチキンカレーを食べる予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

インド人の夏休み。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-02 Wed 13:35:30
  • INDIA
インドをなめてかかったつもりはなかったけれど、
腰痛があるという理由で普通のバックパックではなくて
背負うこともできてガラガラ転がすこともできるタイプのバッグにした私は、
結果的にインド(のうんち)に惨敗しています。


どこへ行ってもほやほやのうんちとかぴかぴのうんちがあって避けきれません。
潔癖症になりかけていた私ですが、
そんなこと気にしていたら生きていけないので徐々にその壁が(多分旅行中だけ)崩壊中です。

ガラガラつきのバッグでインドを旅するのはかなり大変。
とデリーで十分わかっていたのだけれど、「インド良かったよ」と教えてくれる人は
みんなバラナシという町へ行った人たちだったので、めげずにうんち覚悟でバラナシを目指すことに。

その途中でアーグラーに寄ることにしたのですが、
アーグラーは2、3日だけのつもりだったのにバラナシへ行こうにも電車がない。

今日駅で予約しようとしたら6月一杯は全部満席で一番混んでる列車のキャンセル待ちは420人!!!
(そんな人数がウェイティングリストに登録してることもすごすぎます。)
なぜって、今はちょうどインド人の夏休みなんだそうです。
年間でいちばん暑い時期だけど、夏休みを取ったインド人はバラナシをこぞって目指すみたい。

結局、コミッションを払いたくなくて自分たちで駅まで行ったけど、
コミッション払って割高で取ってもらいました。
(だけどどうしてインド人を通すと座席が確保できるんだろう。
ぼったくり用の席がもともとあるとしか思えません。ぶー。)
やっと取れたチケットも4日後の夜行列車なのでアーグラーで暇をもてあましてしまうことになっちゃいました。
あんまり時間に余裕ないのに、足止めされて身動き取れないのが悲しい…。



さて町では、
どこを歩いていてもインド人がセールスでしつこく寄ってくるし日本語で話しかけてくるし、
いい加減ぐったりだったので、今日はちょっといい(?)ホテルのプールへ泳ぎに行きました。
旅仲間と一緒にいざ!
一部かなり深いプールだったけど、プールの水がしょっぱくて、インドの水だし絶対溺れられない!
と必死に泳ぎました。
あっという間に疲れてあとは汗だくで日陰で一休み(暑くて全然休まらない笑)
けど、何時間か過ごしたところで、

!!!!インド人が話しかけてこないからストレスフリー!!!!

ということに気がついてかなり穏やかな時間が過ごせました。


夜は宿の屋上で凧あげをしました。
たこ一枚約10円で買って、宿の人たちと一緒にぐいぐいたこあげ。
なぜかこの町では夕方になると屋上で大人も子どもも毎日たこあげを真剣に楽しんでいるようです。
試しに私たちもやってみたけど、いや相当楽しかった♪

ごはんは何を注文してもなかなかおいしいものが出てこなくて困っていますが、
とりあえず水だけはよく飲んで、塩分も何とかとって命を守ります。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

P6010210blog.jpg
たこあげ中に一枚撮ってもらいました。ちょっと暗い。
IMG_5617blog.jpg
朝ごはん食べたとこの女の子。双子のお兄さんと仲良しです。
IMG_5641blog.jpg
カメラをにぎって離しません。これは私のカメラで双子がお互いに撮り合った写真です。
IMG_5685blog.jpg
お友達も来て記念写真。カメラ、おもちゃみたいで楽しいもんなぁ。

Continue reading

夏ばて(+交渉疲れ)。

  • Posted by: KANA
  • 2010-06-01 Tue 01:32:43
  • INDIA
今日も(何とか)元気にしています。
アーグラーに来てデリーよりずっと人が優しいかも!と思ったけど
今日は今日でアーグラーの人に疲れてしまい、ぐったりんこです。

6時に起きて宿の屋上からのんびりタージマハルを眺めて
ぜいたくな旅だなぁ、と思ったのもほんのつかの間で、
朝から暑すぎてそそくさと退散。

でも退散したからといって、部屋でもやっぱり蒸し風呂状態…。
毎日40-50℃で暑くて頭も体も溶けそうです。
今がいちばん暑い季節みたいです。旅行者もすごく少ないのはそのせいだそう。

今いる宿はエアコンがあるから少し多く払ったけど、一日に10回くらいは平気で停電します。
(一回停電すると復旧まで時間かかるし)
エアコンといっても日本では見たことないような古くて汚いエアコンです。
肺炎になるんじゃないかしら…
とにかくエアコンは全然効かなくて、少しでも風のある屋外の日陰のほうがまだ涼しい。

ということで本当に体調が崩れてきたので
宿を移動することにしました。
もう少し蒸し風呂程度が軽い部屋に。

だけど部屋を移るだけでも宿のおじさんが(昨日までいい人に見えてたのに)
怒りながら何とか私たちをそこにとどめようと必死です。

もう宿は決めたからと言ってこっちも聞く耳持たずに言ってたら
ずいぶん最後は冷たくあっさり。まあ仕方ないんだろうけど、
とにかくこのしつこさがしんどい。

汗をかきすぎて3リットルか4リットルのお水を飲んでいるのに
日中一回もトイレに行かなくていいくらいです。
粉末ポカリ、一個さっそく使っときました。
からだにしみわたりましたー♪

世界一周の最初をインドに選んだことで、別の日本人旅行者から
すごいすごいって言われてきたけど、
暑さと人のしつこさは確かに強烈。
早く穏やかな気候とか穏やかな人のいるところで休息したーい♪
(早くもばて気味です。)

インドで何か修行を受けてる気分で、
まだちょっと十分旅を楽しめてはいないのだけど、
もう少ししたら気持ちもインド人とのやり取りも軌道に乗ってきますように。

そして旅を楽しめますように。
今夜こそゆっくり休めるといいなぁ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Index of all entries

Home > INDIA Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。