Home > MOROCCO Archive

MOROCCO Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

月の砂漠。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-26 Fri 22:12:49
  • MOROCCO
サハラ砂漠の広がる町までマラケシュからバスで約13時間。
遠いことよりも、
大きな山脈を越えるときの、いろは坂顔負けの山道がかなりパンチ効いていました。

YUKOにもらった酔い止めをふたつ飲んで、やっと少し眠れたけれど、
ひさしぶりにバスの車内でビニール袋を抱えて耐えました。

やっぱり乗り物酔いってつらいですね。




さて。
モロッコで多くの人にとってもしかしたらメインイベントかもしれない、
サハラ砂漠。

地図帳でしか知らなかった世界をどんどん開拓しているこの旅行ですが、
サハラ砂漠なんてまさに地図帳での世界だけでした。

サハラ砂漠ってでっかいな。
アフリカって大変な土地なんだな。

なんて、
昔むかしに思ってた場所。


星と砂だけの世界が見たくてやってきたのだ。

でも、残念ながらエチオピアあたりからこの砂漠ツアーが満月あたりにあたるということが分かってました。
南米に行く都合があって、あまりずらせなくてそのまま来てしまったけど、

どんぴしゃ満月にあたりました。

マラケシュで会った、私たちより一日早く砂漠へ向かっていった大学生、ケンゾーくん。

「砂漠の星見るとまじ泣いちゃうらしいっすよ」
とすっごく楽しみにしていた22歳。

大丈夫だったかなあ。

全然、星どころじゃなかったね。

満月の明かり以外、見渡す限り何にもひとつも明かりなんてないのに、
自分たちの影があったり、わりと遠くにいるガイドさんたちが見えたりして、
一面砂の世界を月明かりだけで散歩した私たち。

満月が相当明るくて、
流れ星もいくつか見えたけど、星もいくつかは見えるけど、
星降る夜ではなかったです。

ん~。

幻想的でよかったけれど、満月の砂漠なんてなかなか見られないしすごくいい体験だよね、
と一生懸命自分たちを励ましつつ、
次こそは、新月を狙わないと!!!

とYUKOと俄然やる気になった私たちでした。

でも、ひとつだけ。
生まれて初めて、
月が地平線の向こうから昇ってくるのをじっと見届けることができました。
それってとっても貴重な体験。

いつだって月は、気がつけばぽっかり浮かんでいるもんね。

PB224520.jpg
モロッコの窓の格子はかわいい。

PB224529.jpg
砂漠の砂は粒子がこまかくてさらさら。靴に入り込んだ砂はなかなか取りきれない。

PB224544.jpg
ガイドさんはさすが慣れていて、歩きにくい砂漠の中もすたすた進む。

PB234595.jpg
らくだはらくだ?いいえ、揺れて揺れて超筋肉痛。(でもいとおしいほど可愛いらくだに乗せてもらえて
最高に嬉しい。)


PB234628.jpg
夕暮れ時。光の色や角度によって砂の色もがらりと変わる。


PB234735.jpg
月の砂漠。本当に、満月のときって一晩中月が沈まない。日の出を待つYUKOの影も見える。

PB234764.jpg
朝日を浴びて輝く!これは本当にきれいだった。

PB234789.jpg
おみやげものを売りにきてくれた少女。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加しています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

なくしもの。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-26 Fri 18:20:39
  • MOROCCO
PB204463.jpg
YUKOのブログを読んでいる方は、
マラケシュで私たちが二人して相当うきうきしてバブーシュを買ったことをご存知かと思います。

相当うきうきしてました。
YUKOは旅に出発する前からとにかくモロッコでバブーシュを、と狙っていたようで、
私はそれに便乗しただけなのですが、
マラケシュで見るバブーシュはけっこうかわいいものが多くて目移りしながら、

超吟味して選びました。

一人五足購入したけれど、
二人とも、次の町へ行くときの長距離バスの中にぽんと置き忘れてきてしまいました。


写真は、幻のバブーシュです。

(取り戻そうと色々尽力しましたが、時すでに遅しで手元に戻ってくることはありませんでした。)

ちーん。


フェズの町で改めて探したけれど見つからず。

自分たちの過失なだけになんともいえない悔しさと悲しさがあります。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加しています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

かたつむりを食べたよ。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-21 Sun 05:49:13
  • MOROCCO
夕方からどんどん賑やかになる広場では、
たくさんの出店が並び、行き交う地元の人々も観光客もみんな楽しそう。
大道芸人もそこらじゅうでいろんな芸(?)を見せているし、
釣りざおの糸先に輪っかをつけてジュースを釣ろうと頑張っている子どもや大人がいたり、

とにかくすごく賑やかな夜。

これが毎晩繰り返されるというのだから、楽しいだろうなあ。

この町の人は夕方にお出かけするのがきっと大好きなのかもしれない。
昼間よりもずっとずっと人の数も多くて、子ども連れの家族もたくさん歩いています。

**************************************************************************************************
ところで。
モロッコでは名物という、かたつむり。

エスカルゴというのはかたつむりの種類の中でも、
特定の種類のことをいうみたいなんだけれど、

モロッコで売っているのはエスカルゴにはあてはまらないかたつむり、かもしれない。

けっこう周囲を生臭いにおいが漂っているんだけど、
今朝だって朝からYUKOとどうしようかどうしようかと話しながら、
私はもともと魚介類があまり得意ではないし貝も特に苦手エリアなので、
食べる2:食べない8の割合で、
ほとんど食べる気はなかったけれど、

そして私たち二人ともエスカルゴすら食べたことはなかったけれど、


結局二人とも(エスカルゴすっとばして)
かたつむりを食べました。


私は一匹。
YUKOはなんとなんと二匹です。
かたつむり大賞あげる!!!


私たちが屋台を見ていたら、
屋台の周りでかたつむりをちゅるちゅる食べているお客さんのうちの一人のおじさんが
私たちにかたつむり汁を飲ませてくれました。

かたつむり汁はつまりは、
かたつむりを山盛りコトコト煮た汁だと思うんだけど、
ちょっとスパイスが効いたうす塩味。

ややなまぐさいけど、
うーんうーんなんてしていると、YUKOがそばでかたつむりをお椀ひとつ分買ってます。

二人で一生懸命「少なく、少なくして。」とおじさんに伝えて、
5かたつむりか6かたつむりをもらった私たちは、
勇気を出してひとつ食べます。

ただ、顔があったり触覚がちゃんとあったり、
かたつむり型しているのがいやでした。
においも雨の日のかたつむりのにおいです。

2かたつむり目に挑戦したYUKOはあっぱれです。

あっぱれー!!!!


かたつむり風味が口の中と食道のあたりからなかなか消えません。

かたつむりの殻をじゃらじゃらおたまでかきまわすあの風景。

いやだ、頭から離れないわ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

マラケシュのにぎやかな町でかたつむりに迷う。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-21 Sun 03:32:52
  • MOROCCO
PB174375.jpg
パリを離れて飛行機で3時間。



PB204439.jpg
あっという間に世界はがらりと変わってしまいます。
時間の流れが速すぎる場合はどこかでゆっくり腰を落ち着けることが必要なんだね。


PB204441.jpg
久しぶりのムスリム圏。アラビア語に癒されながら過ごすのんびりタイム。

フレッシュジュースを飲みながら、
こころが環境に追いつくのを待つにはちょうどいい、
とっても素敵なマラケシュの町。

PB204453.jpg
やっぱりモスクのある場所は、装飾そのもののすごく美しいけれど、
地域のみなさんがその場所をきれいにきれいにするから、
広場もとてもいい感じです。


人々が神に向かって祈る場所であり、
憩いの場所であり、
そういう広場はやっぱりいい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Index of all entries

Home > MOROCCO Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。