Home > TANZANIA Archive

TANZANIA Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ギャップ。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-20 Sat 19:59:29
  • TANZANIA
PB103599.jpg
こんなカラフルな布がたくさん売っていたり。マサイの人だけじゃなくて、
国内で全部で120以上あるという少数民族がそれぞれの伝統的なスタイルを持っているようです。
(車に乗りながらのパシャリだったのでぶれぶれ。)
もちろん現代的な格好をする民族も増えているとのこと。

PB103533.jpg
ゾウの家族の絆にちょっときゅんときたり。

PB113727.jpg
大きな角を持つバッファローにものすごくじっと見つめられたり(警戒されただけ)。


PB113792.jpg
クリスマスツリーと呼ばれる、鮮やかな色の花をつける木の下で、
大きく張り出した枝で日よけをしながらバナナや野菜を売る女性たちがいたり。



PB164315.jpg
そんな次の日に、
飛行機でパリへやってきてしまった私たち。

フリース着たり、ものすごいだっさい格好して、
昨日まで南京虫のこと考えていたのに、

きれいに染まった葉さえも落ちかけたパリの公園で、
パン・オ・ショコラなんて食べながら、
昨日までとのギャップについていけずぼうっとする。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

雲の平原。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-19 Fri 22:16:48
  • TANZANIA
PB164292.jpg
飛行機の旅も悪くない。

いつか雲の上を歩いてみたいなんて夢に描いたこと、きっとみんなあるんじゃないかなあ。
そんな風に描いた雲が見られたのは、しあわせなことだあ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

さかむししょん。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-19 Fri 22:00:57
  • TANZANIA
日本語で割礼と訳されるサカムシション。
タンザニアの男の人は全員必ずするんだそうです!!

(わからない人は自分で調べてね!)

マサイの男の子は割礼が済むとこうして顔にペイントをして、
大人になったぞーって周りに示すんだそうです。
PB134116.jpg

(写真を撮らせる代わりにお金が欲しくて、道路に立ってぴょんぴょん飛び跳ねていた彼。)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

野生の動物たち。

  • Posted by: KANA
  • 2010-11-19 Fri 21:38:31
  • TANZANIA
ちょっとブログを書くのが遅れていますが、
先週はタンザニアで念願のサファリに明け暮れていました。



私たちは車に乗って目を凝らしていただけだけど、
動物園とは違うね!!!

やっぱり全然違いました。

わくわくします。

PB113713.jpg
大空が広くて気持ち良くてみんなで揃って飛び回りまくるペリカンさんたち。
本当に広くて気持ちいいんだと思う。



PB113748.jpg
アカシアの木をばりばり枝から折ってしまって葉を食べるぞうさん。
食料不足は彼らにとっても深刻です。サバンナの自然も壊れてしまう。


PB144204.jpg
朝日の中で堂々と歩くライオン。
若ライオンなのかたてがみはまだそれほど大きくなかったけれど、
サファリカーが周りにいても気にする様子もなく、まさにのっしのっし。


PB144208.jpg
もう一台のサファリカーの前を通るライオンのメス2匹。
オスライオンは彼女たちのあとをゆっくり歩きます。


PB144126.jpg
なにやらオスのダチョウが羽根をふりふり扇形にまわして腰もくねらせて踊っている。
と思ったら、
メスのダチョウに結婚を申し込んでいたんですね。
成就した二羽は交尾を始めました。

動物の交尾で一番美しいんじゃないかと思うくらい、
すごく美しかった☆

終わったあとはメスが今度は羽根を広げて踊ります。



PB134002.jpg
小雨季だから雲がいつでも空を大きく覆ってる。それでもアカシアを照らす朝の光は美しくて、
すがすがしい!!!


PB123944.jpg
キリンさん。野生のキリンを生で、しかもよだれをたらしている顔まで見せてくれるなんて。
いとおしすぎる。


サバンナは、
動物たちが暮らす天国みたいな美しいところだったけど、
でもやっぱり食べ物はぎりぎりみたいで、痩せた動物もいたし、自然相手は厳しいんだ。


でもさすが、
ここを守ろうと世界中の人が頑張っているからか、
ごみが落ちてるなんてこともほとんどなくて、
サバンナでトイレをしてもドライバーは「ペーパーは捨てずに持って車に戻るように」なんて言ってくれるし、

これを続ければしばらくはここの環境が守られるかなあなんて
ちょっと嬉しくなりました。


子どもが生まれたりしてからも行けそうだよ。


※5歳までは子どもは、自然保護区の入園料ただだから、
行きたい人は早めにね!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村←←←ブログランキングに参加してみています。一日一回、虹色マークをクリックして頂けると嬉しいです。

Index of all entries

Home > TANZANIA Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。