Home

~地球のイイとこ撮り~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

代官山ってオシャレ…

今まで数えるほどしか行ったことがない代官山にランチで誘われて行ってきた。
何か広々して、建物も窮屈に建てられてなくて、
平日なのに女性だけじゃなくてけっこう男性もいて、みんな優雅にのんびりしてた。
日常離れした代官山の雰囲気で、ずいぶん気分転換できたな~。

ランチでは、普段パスタとかばかり頼むから、たまにはサンドイッチをと思って選んだけど
サンドイッチってあったかくないんだな~。やっぱりあったかいごはんにすれば良かったと後悔した。
今日、寒かったしね。

帰宅したらオートロックの電源が入ってなくて手動で開けたり、
なぜかテレビが映らなかったり、困ってしまった。

今日は何時頃帰ってくるのかな~。まだまだだよな~。

久しぶりに写真、撮り始められるモチベーションが欲しいな。

おなかは、夕方はどうしても張っちゃうけど、
でも中で赤ちゃんが元気に動いてるから本当にありがたい。
おなかに赤ちゃんがいるこの生活、あと数カ月大切に過ごそう。

パパにとって初めての胎動!

3月に入ってからおなかでは、すっごく元気に赤ちゃんが動くようになりました。
胎動の感覚をよく、ミミズがおなかでうねうねと…って聞いてきたけど、
私はドン!とかぼこぼこ!とか赤ちゃんがおなかの中でやんちゃに元気にジャンプしてるように感じます。

昨日の夜、土曜の仕事を頑張って終えて早めに(といっても20時くらい?)に帰ってきてくれた夫。
都内で桜が満開になったので、近所の公園で桜を眺めてからおうちに戻り、
桜がきれいで、夫と桜を見れてうきうきだった私の気持ちが伝わったのか、
赤ちゃんはいつになく激しくどんどんぼこぼこ。
おなかを夫に触ってもらったら、初めて、胎動を感じたみたい!!!!

ひゃほーい!

今まで何度も、ほら今だよ、って伝えたけどわからなかったのに。
赤ちゃんが大きくなってるってことなんだね。すごい…。

まだまだ半信半疑な夫でしたが、
とっても嬉しかった~!

久しぶりに日記。

昨年日記を書いてから、またあっという間に一年が過ぎました。

結婚式から無事に一周年を迎えて、穏やかに暮らせていることに感謝です。

昨年11月末に妊娠が分かってから、安定期まではいろいろ大変だったけど、
今はきっと赤ちゃんが無事におなかで育ってる。ありがたいことです。

胎動もきっとコレだな、というのを感じられて嬉しいです。
出産を迎えるまでいろいろまたあるかもしれないけど、
気楽に記録をしていければいいなあ。

時間は平等。

去年の今頃はどこで何してたかな、
と考えるのがクセになってる感じがする。

もちろん今は今で充実してるんだけど、
旅をしてた時は一日一日がすごく特別だった。

けど最近、
旅をしてたから特別だったわけじゃないのかもしれない、と思うようになった。
小さな頃のことや、学生だったときのことや、友達や家族と過ごした時間を、
どれを思い出しても懐かしいものです。

もうその時間は二度と来ない、という、
当たり前のこの事実が、
せつない~、ていう感覚を生むんだな、きっと。


久しぶりに日記を書いていますが、



3月にはもう一度南米へ、短期間行けそうです。
今度はばっちり三脚を持って行きます!

幸せなことだなあ~。

旅のおさらいの続き。

しばらくぶりです。

無職というと、やっぱり聞こえは良くないかもしれませんが、
こんな時だから無職でぱぱっと動ける状況だったことは良かった。

少しの間ですが、
宮城県へ行っていました。

震災直後はそれはそれは、世界の関心も日本の関心もそこへ集まりましたが、
復興までは長い長い時間がかかるから、
それぞれが自分の場所で生活を続けながらも、できるだけ風化しないでいてほしいと思います。

個人的に知り合いができると、思いも違うものなんだな。
P4140311.jpg
(南三陸町へ行きました。志津川病院の様子です。)

P4130253.jpg
(この町の防災対策庁舎です。)




さて、
旅のおさらいの続きをしたいと思います。

先日はスイスで山登りをしながら結局まんまるだったところまでおさらいできました。
振り返ってみると結局いつでもどこでも、

ごはんはもりもり食べて、相当楽しんでいたと思います。
ホステルで作るごはんもおいしかったなあ。(幸せなことに好きなだけ大量に作れたし)


P8153022blog.jpg
クロアチア・ドブロブニクでは真夏のぎらぎらした日差しのもと、
海水浴をしたり毎日アイスを食べたりイタリア人にパスタの作り方をばっちり教わったり
ばっちり夏休みさせてもらいました。


P8163072blog.jpg
海が青いのを見るとやっぱり、飛び込みたくなる!!
そんなことばかりしていたので、帰国後は誰に会っても黒い黒いと言われてちょっと困っちゃう。
海水浴場とかじゃなくて、
適当に飛び込むというのがたまらない。

P8213522blog.jpg
プリトヴィツェ湖群国立公園。
いろいろ事情があってすっごいバタバタした一日で無理やり見たのだけれど、
気持ちよかった。
あんな色はなかなかないだろうなあ。

ヨーロッパは、南米と比べるとそりゃあこじんまりとしているという人もいるけれど、
それでもいいところはいっぱいあったと思うし、
美しいと思う。
ゆっくりまたいつか。


P8233694blog.jpg
サラエヴォのカフェ。
ここのカフェはおいしかったなぁ。わりと場所もわかりやすいので、行ってみたい人は言ってください。
前も書きましたが、
写真に写ってる新聞みたいなのがメニューです。


P8283986blog.jpg
ふと夕方に浜辺を歩けるぜいたくが毎日続いてた。
あのありがたさは、今思い出すと本当に格別。興奮しちゃう。


P9024228blog.jpg
夕日が落ちるのを見るためだけに歩いたり。


P9054318blog.jpg
日本のとうもろこしの甘さに改めて感激したり。


楽しい毎日でした。

帰ってきてから、気持ちがそれどころじゃなくて旅を振り返ることを置いてきぼりにしてきたけど、
この旅で得たものは大きいと、いつもふと感じてます。

それにしても、
もっと写真うまく撮れるようになりたいなあ。

懐かしいけど何だか物足りない写真が多い。
感性が少しでもきゅきゅっと磨かれるといいのだけど。
期待しよう。


日本でも、新月狙って星空を見に行けたら。


お知らせ。みなさんの情報網を使ってください。

  • Posted by: KANA
  • 2011-03-24 Thu 22:02:48
  • その他
●大震災関連…
震災孤児や、集団生活の難しい子ども(自閉症や他動など)・その家族の避難先として受け入れを開始する施設があります。受け入れ先→群馬。
皆さんの情報網で有益そうなところを選んでURL貼り付けてもらえると助かります。


NPO法人あるきんぐクラブ
http://blog.goo.ne.jp/kaminari56/e/abe2d259b3d12f2d27d898ed80cd4a9b

帰国。

無事、帰国しました。

3月11日帰国予定でした。
今回の震災を飛行機の中で知り、何の事情もわからないまま飛行機はアラスカに着陸しました。
翌日、羽田に着いて、
海外で見るよりもショッキングな映像がテレビで流れ続けるのを見ました。


今は専門の方に救助をお任せするほかありませんが、
受け入れしてもらえるようになったら、
微力でも何かできればと思います。



旅のおさらい。②

IMG_6012.jpg
北欧の雑貨や家具がすごく好きなので、フィンランドに行きました。
ここはまた、ある程度お金が自由に使えるようになったらまた楽しみたい。

IMG_6187.jpg
ただこの、スナックえんどうみたいなお豆さんが最高においしい。
小腹がすいたときに、(多分)低カロリーでおなかがふくれるからからだにも良さそう。
また食べたいなあ。
市場でさくっと買えるのがまた嬉しい。


IMG_6497.jpg
コペンハーゲンの自宅に出会ったばかりの私を招いてくれ、夕食をごちそうしてくれたおじいちゃん。

無事に日本に帰ったら必ず連絡が欲しい。
それまでは何も連絡はいらないから。
楽しみにしているよ。

と話してくれたおじいちゃん。ちゃんと連絡先も保管してあります。
帰ったら約束のお手紙を書こう。


P7101680.jpg
子ども時代のインパクトある話を聞かせてくれたJamal。この後彼の故郷エチオピアに行くことになるとは、
このときはまだ全然現実的に考えてなかった。

彼も年末にエチオピアに行ったんだけど、
エチオピアにはもう二度と行かないって決めたんだそうだ。
貧しい人が多いから、人々は何とかしてお金を取ろうと観光客に近づいてくる。
それはどこでもあることなのかもしれないのだけど、
今回彼はけっこうひどくやられてしまったらしくて、
しかも実の家族(虐待してたお父さんには会ってないらしいけど)にまで
お金を取ろう取ろうとされて、

嫌な思いをたくさんしたんだって。
自分の故郷にそんな思いを持つというのはどんな気持ちなんだろう。
とにかく、Jamalがこれからも元気でありますように。


P7242366.jpg
昨日ニューヨークで会った友達(日本人)に、
なんだかずいぶん(肌が)黒くないか?
って会った早々に言われました。

待ち合わせしたホテルのロビーは間接照明でけっこう暗かったにも関わらず。

この頃はまだ白めだなあ…と今と比較してどよよんしてしまう。
ついでにちょっとお肉も薄そうな気がする。どうですか?



P8012755.jpg
気のせいだった。
この後すぐにスイスで山登りを楽しんでいますが、
やっぱりまん丸ですね。

なーんだ。
前からまん丸だったか。

体重が増えたので、おなかに肉もついたので、
まん丸がおおまん丸になったことは間違いなさそうなのだけど。




旅のおさらい。

IMG_5754.jpg
2010年6月。
旅を始めたばかりの私たちにインドの猛暑は辛かった。
けど、出会った人たちが明るくて優しいたびに心底癒されていました。
これからどこの国を訪れても感じる、
とにかく子どもの未来は明るくあって欲しい、子は宝!という気持ち。
ここでもたくさん感じました。

(それから、私の体重。
今ではこの頃よりきっと6~8キロくらい増えてます。
自分でも重い。真剣に向き合うときが来ました。)

P6120752.jpg
同じく6月、ネパールでトレッキングをしました。
山と空の青が本当にきれいで、
毎日ひいこらひいこら山をのぼりおりしながら感激したものです。

初日に泊まった村の女の子(プニマジ)と、私たちのガイドだった彼(ドゥルバジ)。
いい雰囲気でじゃがいもの皮をむいていたこの二人の姿は今でも心に残ってます。
進展してたりしないかしら。




デリーに着いた初日、
あまりの汚さにすでに本気で帰りたくなっていたのだけど、

ここまで来られて本当に良かった。

都会に来てしまった。

  • Posted by: KANA
  • 2011-03-08 Tue 13:59:58
  • NEW YORK
アメリカ上陸が初めてだということと、
アメリカのことをほとんど何も知らないということ、
あとまだたった1日中心部を歩いただけだということをお伝えしておこうと思います。


ニューヨークって
東京みたいですね!

東京がアメリカみたいなのかもしれないけど(きっとそうなのでしょう)
びっくりするほど、

東京みたいだな、
という感想しか出てきません。


特に目新しいものはないのだけど、
洋服も何も安いものはずいぶん安く手に入りそうです。
カジュアルなものが好きなら、
相当安く済みそうです。

日本人もめいっぱいいるから、
もう半分帰国した気分。

ただちょっと買い物しようとショップに入ったときの店員さんの対応は、

おお~、アメリカ~ン、
て感じで楽しんでいます。

旅の途中で出会った人が働いているホテルをぐぐっと安くしてもらって
(友人価格に大感謝です)
(ニューヨークにしては)お手ごろ価格で快適生活しています。

ご存知、
普通の服なんぞひとつももっていないので、
いつも通りの格好で歩いています。
(↑レインジャケットにトレッキングパンツにトレッキングシューズ。もちろんバックパック)
今日、お店に入って普通の服を探していたら、
色々すすめてきてくれたお姉さんと、なんだかとても恥ずかしくなるような会話がありました。

「どんなの探してるの?」
「もう、普通の服一式です。旅してたのでこれしかないので。」
「オーマイガ!そうなの!それは本気でかわいそうに!!何でそんなことになってるの!!」
「あの、旅してたので」
「わーお、わーお。それは大変!ちょっとみんな来て!」

みんな来て!のコールで、
彼女の他に3人ほど店員さんが来て、

一生懸命探してくれました。
(一式探してるなんて行ったらいいカモですからね)

例えばニットを着たとして、お姉さんはとっても正直に
「すごくよく似合うわよ。ただね、ズボンと靴が本当にひどいわよね!」

そうなの、
カジュアルな格好してる人もいるけど、
ちょっとやっぱり夜ご飯食べるときとかとても恥ずかしい。

もう店はディスプレイほとんど春夏物になってるから適当に、
あったかいもので私でも着れるもの探してみよう。


とても支離滅裂なブログですね。
ちょっと今は思考回路が回らないのでまた明日。


とにかく、
いきなり本当の都会に来て、
人の多さとか日本人の多さとか、
お店も似たようなのがたくさんあって、

なんだかこれもこれでどうしたらいいやら、という気持ち。

カウントダウンも、
あと3泊。

わお。


Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。